13、愛妻

 時   二〇二五年七月二十一日(月)海の日

 場所  N市T区、自宅



 八時に目覚めた。

「おはよう」

 キッチンへ行くと、理恵が半熟の目玉焼きの皿をテーブルに並べ、顔を赤らめた。昨夜を思っているのだろう。理恵は、妻が使っていたキッチンを気にしていない。理恵の性格だろう・・・。私は理恵の放つ熱さを感じた。

「顔を洗って・・・、食べて・・・」

 理恵の熱さを感じながら、はい、と答え、洗面所で顔を洗い、歯を磨く。

『ていねいに磨け。理恵は歯科衛生士だぞ』

 わかった・・・。


 相向いにテーブルに着いた。顔が熱い。身体の前面に理恵の熱さを感じる。

「嫌いな物は?」

 理恵が私を見つめる。

 サラダを見ながら私は答える。

「ないよ」

「塩分控えめにしたよ」

 理恵がサラダを示す。

「うん、ありがとう。これ、うまいな・・・」

 レタスやキュウリ、キャベツ、ニンジンの、ありきたりのサラダだが、ドレッシングがうまい。こんなドレッシングは無かったはずだ。作ったのかな・・・。いい味だ・・・。

 私はサラダを食べ、トーストと目玉焼きを食べた。


「うれしいな、そう言ってもらえると・・・」

 理恵はテーブルに両肘を乗せて頬杖をつき、私が食べるのを笑顔で見ている。

 見られている手と唇が熱くなった。

「食べないの?」

 私は手を止めて理恵を見る。

「食べるよ・・・。おいしい?」

 理恵は笑顔でトーストを口へ運ぶ。


「うまい。ドレッシングがうまい。毎日は飽きるけど、夏はいい。秋は温野菜サラダがいいな。サラダ、全部、食べていい?」

「いいよ。うれしいな・・・」

 理恵はそういってうつむいた。

 私は理恵に、真夏の炎天下へ出たような熱さを感じた。理恵は、作った料理を「うまい」と言って、食べてもらったことがないらしい。



 食後、使った食器を洗いはじめた。

「私が洗うのに・・・」

 理恵が横に来て、少ない食器を二人で洗った。理恵の身体から熱さを感じ、思わず、私は理恵の頬に唇を触れた。

 くすぐったい、という理恵。ポニーテールの髪から理恵の芳しい香りがする。なにか懐かしい香りだ・・・。何の香りだろう?


「疲れてないか?」

「疲れてないよ。だいじょうぶ・・・。SFを書くのが仕事なんでしょ?」

「よく、わかったね」

「うん、仕事場で本を見た時、わかったよ。今日、仕事は?」

「今日は、海の日、休日だ」

「なら、また・・・、あ、い、し、て・・・」

 そう言って、理恵は頬を赤くした。

「今?」

「ううん、コーヒー飲んで、歯磨きしたら」

「ああ、いいよ」

「そしたら、休んでてね。コーヒーを持ってく」

「早く、俺たちの子供、生んでほしいな・・・」

 私は理恵の耳元で言った。

 いずれ妻にするんだ。いつ子供ができてもいい。

 理恵の頬が赤くなった。

「うん、先生の子ども、生みたい。私も、がんばる!」

 放つ熱さと芳しい香りが増した。



 テレビのニュースで、

《台風が九州に接近して四国に上陸し、太平洋上へ抜けます。その後、朝鮮半島に停滞する前線が日本列島へ延びて大雨になります》

 と報じている。


 震災と原発事故の後は台風と大雨だ。この上、竹島や尖閣諸島に、韓国や中国が侵略したらたまらない。いったい日本に何が起ころうとしてるのか?

 考えられるのは日本への戒め、政府への戒めだ。だが、そのために国民が被害を受けるのはたまらない。

 いや、そうじゃないぞ・・・。

 国民は政府の教育制度で洗脳されて骨抜きにされ、自分たちの本心を政府に要求しなくなってる。ゆとり教育などと巧妙に仕組まれた、反体制分子潰しに気づかなかった結果だ。やはり、日本国民への戒めか?それでも、民と国土は守らねばならない・・・。

 台風の進路を変えて、人々を災害から守り給え・・・・。そう祈りながら、私は仕事場でテレビの音を聞きながら、タブレットパソコンの日記を書いた。


『日本に生じている災害と、それに付随する事故は、

「奮い立て国民、政府を建て直せ」

 との警告だ。馬鹿げた政治を行っている政府が変わらぬ場合、現政府を解体して国民本意の新たな政府にしなくてはならない・・・』



「コーヒー、入れたよ・・・」

 机の右側にコーヒーのトレイを置き、理恵が抱きつくように私の両肩に手を乗せた。理恵から熱さが伝わってくる。

 私はコーヒーの礼を言い、理恵のくびれたしなやかで柔らかな腰に右腕をまわし、膝に座らせて日記を見せた。私は左利きではないが、左手でバーチャルマウスを使う。


「例の日記ね。台風が来てるんだ。被害が出ないよう、祈らなくっちゃ・・・」

 理恵は小声で人々の安全を祈った。

「私、絶対に日記を他人に話さないよ。先生が世の中を変えるかもしれないから・・・」

「俺も他人には話さない。パソコンを売ってくれた永嶋さんも、日記は知らないと思う。

 特に理恵さんのことは書かないよ。大切な人に何かあると嫌だから」

「うれしいな!理恵って呼んで、先生」

 理恵の放つ熱さと香りが増した。

「先生はよしてくれ。省吾でいいよ」

「わかったよ、先生」

 理恵は笑っている。


「気になることがあるんだ。昨日から右翼の街宣ヴィークルが来てない」

「右翼も、海の日かな・・・」

 理恵は、タブレットパソコン見ながら、腕を私の首に絡め、胸を私の頭に押しつけている。

「先生は、私のどこが好き?」

 私の首に絡めた理恵の腕が熱い。

「まず、優しく厳しいことを言うところ。細かに説明するけど、結構おおざっぱで、あまりこだわらないところ・・・。それと顔。ほくろがある横顔が好きだ。眼も鼻も口も・・・。手も好きだ。指がきれいだ。脚も長くてきれいだ・・・。それから、形の良い胸も、あそこも・・・」

 頭を抱えられるようにしているので、理恵の顔は見えない。理恵の放つ芳しい香りと熱さで、理恵が頬を紅潮させているのがわかる。理恵の顔は綺麗だ。美しい。神々しい感じがする・・・。

 私は日記の文章をUSBメモリーに保存して、理恵を抱きしめた。


「私の性格、いつ知ったの?」

「二十回くらい歯科治療を受けたから、なんとなくわかった」

 私は、理恵に頭を抱えられて受けた、歯科治療を思いだした。治療を受ける時、目を閉じていたが、理恵がどんな姿勢で治療していたか、感じでわかった。


「ああ、あの時ね・・・」

 理恵は私の頭側に座り、胸を私の頭に押しつけて治療していた。そのことを思いだしたらしく、理恵の放つ熱さが増した。さらに頬を紅潮させているらしい。

『胸をくっつけたかったんだぞ、省吾に』

「あの時、先生は、私をどう思った?」

「いつも疲れているみたいだから、気になってた・・・」

 私はタブレットパソコンの電源を切った。

「苦労させる奴が許せなかった。近くに居て、何とかしてやれたら、と思ってた」

 私は立ちあがり、あらためて理恵を抱きしめた。細身の理恵は私の腕の中に隠れてしまいそうだ。



 窓越しに、家の北西側の市道を歩く、見慣れぬグレーのスーツの男が見える。

 窓ガラスは電圧偏光してある。外から中は見えない。

 男は陽射しを浴びながら、こちらを見て歩いている。よそ者は家の北西側のこの市道を車で通りぬける。歩くのは見知った近所の者ばかりだ。男の背後を白のボックス・ヴィークルが徐行している。


『省吾、顔を見せて・・・』

 理恵が私の向きを変えた。左側に窓の外を見ていた私は、理恵を見る向きに変わった。

「ね、居間へ行こう」

 理恵は腕を解いてトレイを持った。

「うん」


 理恵と居間へ移動すると、オープンキッチンの窓越しに、ポートに入ってくる二台の街宣ヴィークルが見えた。これまで街宣ヴィークルはT通りに停止していた。ポートに入ってくるのは今度がはじめてだった。

「不法侵入してる。警察に取り締ってもらう」

「うん・・・。向うから、こっちは見えるの?」

「外から家の中は見えないよ」


 私は居間のセキュリティモニターを映像表示外部通信にし、窓際の壁にある操作パネルとセキュリティモニターを示した。

 操作は各窓の操作パネルか、各部屋のセキュリティモニターの集中窓操作表示を押せばいい。遮光モードが〈中⇒外〉は黄色のインジケーターが点灯し、中から外は見えるが、外から中は見えない。〈中⇔外〉は赤でどちらからも見える。〈中×外〉は青で、どちらからも見えないが、採光してるから室内は明るい。

 窓と壁と天井は防弾防音と断熱と電波遮蔽してある。

 窓の遮光モードが黄色だと、音が聞こえなくても視覚的にうるさい時もある。

「なら、青にしていい?」

「いいよ」

 理恵は操作パネルで、すべての窓のインジケーターを青にした。


「T区T通りの田村です」

 N県警のN警察署に回線がつながり、私は担当の女性事務官に説明した。

「右翼の街宣ヴィークルが二台、私のポートに無断侵入してる。取り締まってください。退去するように、私一人で話すのは危険なので、まだ何も話してません。今まではT通りにいたんですが・・・」


「ポートは離着陸ポートですか?」

 ほとんどのヴィークルがローター・ジェット・ウィングを装備しているが、緊急時を除き、市内は飛行禁止だ。

「離着陸ポートがある大型の走行ポートです。街宣ヴィークルは走行侵入しました」

「いつから現れたのですか?状況をくわしく教えてください」

「大政同志会の近藤と名乗る男が、政府の政策批判するな、と通信してきたのが六月三日で、それ以後からです」

「大政同志会は危険ですから、外に出ないでください。ただちに警官を行かせて取り締らせます・・・。

 近くを巡回ヴィークルが走行中です。まもなく到着します・・・。

 それと、当警察署からお願いがあります。担当と代ります。しばらくお待ちください・・・」


「刑事の佐伯です。違反ヴィークルの取り締りに、田村さんのポートをお借りしたいのです。定期的に使えば、街宣ヴィークルは進入できなくなると思います。いかがですか?」

 私は理恵を見て佐伯の言葉を確認した。

「交換条件ですか?」

 外部通信は理恵にも聞こえている。理恵は私の意図を理解してうなずいた。


「そうではありません。T通りぞいは、警察ヴィークルを停める場所がないんですよ。

 お宅のポートは広くて、家の陰にヴィークルを隠せる。好条件がそろってます。

 週に一回か十日に二回、平日だけです。週末は渋滞します。取り締る必要はありません」

 佐伯は穏やかに説明している。

「待ってください。愛妻に確認します・・・」

 私は理恵を見た。

 理恵は驚いたままうなずいている。

 先生は以前から、私を妻にしようと考えたんだ・・・。愛妻と呼ばれた驚きとうれしさと、通信相手に対する恥ずかしさで、理恵の顔が赤くなっている。


「ポートを使用する旨を、書面にしてとどけてください。それなら使ってかまいません」

「契約書をとどけましょう。大政同志会の近藤で、気になる情報があります。しばらくの間、特務部警護班の警護ヴィークルに、田村さんを警護させましょう。まもなく、巡回ヴィークルがそちらに到着します。

 今日は巡回ヴィークルが取り締ります」

「ありがとう・・・」

「それでは、また・・」

 通信が切れた。


 理恵は顔を赤らめたまま、オープンキッチンの窓の遮光モードを黄色にした。

 T通りの南に、三台のパトロール・ヴィークルが現れた。

 ポートの二台の街宣ヴィークルが急発進し、T通りを北上した。 

 二台のパトロール・ヴィークルが街宣ヴィークルを追跡し、一台がポートに入ってきた。もしもの場合に備え、待機する気らしかった。


 理恵はふたたび遮光モードを青にし、空いたコーヒーカップとトレイをキッチンに置いてもどると、私に抱きついた。

「歯磨きしてから、やさしく愛して・・・」

 理恵の身体が熱い。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます