17、婚姻届

 時   二〇二五年八月二十八日(木)

 場所  N市T区、自宅



 出版社の木村が話したように、婚姻届に関する民法改正が十時のテレビニュースで報道された。すぐさま私は理恵の携帯に、婚姻届を日曜に出すとメールした。


「ただいま!」

 理恵が十八時すぎに帰宅した。

 オープンキッチンの隣の洗面所で手を洗ってうがいし、

「うれしいな!日曜から先生の奥さんだ!」

 熱さと芳しい香りを放ちながら、夕食の準備をする私に抱きついた。


「今までも、理恵は俺の愛妻だ」

 私はヒーターを消して理恵を抱きしめた。仕事関係者に、私が理恵を、愛妻、と言っているのを理恵は知っている。

「うん・・・」

 理恵は私の唇に唇を触れ、辛味の効いた匂いに気づいた。

「この匂いは・・・」

 私に抱きしめられたまま、フライパンをのぞきこんでいる。

「麻婆茄子だっ!」


「理恵の好きな辛めにした。もうすぐ完成だ」

「うん!」

「風呂に入れるよ」

「いっしょに入りたい。夕飯にしていい?」

 顔を離して私を見つめている。

「ああ、いいよ・・・」

 ロングヘアーにおおわれた丸い頭。小ぶりで上を向いた形良い胸。くびれたしなやかで柔らかい腰。少し脂肪がのった下腹部と上がった尻、全てが理恵だ・・・。私は泡にまみれた理恵の身体を思った。


「私を想像してるでしょう?」

「想像してる・・・」

『優しく洗ってね』

「優しく洗ってあげるよ」

『うれしいな』

 理恵はまた私の唇に唇を触れた。


「今日・・・、歯科衛生士が新人になってた・・・。前にいた二人は私と同じ年齢で独身。二人は地味だった・・・。続きは着換えてから話すね・・・」

 理恵は私の頬に頬を触れて、着換えに寝室へ行き、もどると、もう一度手を洗い、説明した。

「二人の名は、三木と神保。二人とも私と同じ身長で整った顔立ちだよ。目だたない化粧をしてた」

 二人はあえて目だたないようにしていたようだ。


「どこに住んでる人?」

 私はテーブルに夕食を並べた。いなくなった歯科衛生士について聞いても、何かわかると思えない。

「二人ともD歯科クリニックの近くの人だよ」

 理恵は皿と箸を並べ、椅子に座った。

「住所は?」

 私も椅子に座った。

「わかるよ。行ってみる?」

 理恵は、いただきます、と箸で鯵の塩焼きをつついている。


「日曜に、婚姻届を出したあとで行ってみようか・・・。院長は新人にどうしてる?」

「何年もいた人みたいに接してる・・・。この鯵、おいしい!」

「うん、活きの良いのを見つけたんだ・・・。院長はどちら側だと思う?」

 院長は俳優じゃない。演技ならいずれわかる・・・。


「私に何もしないから、モールで私たちを逃がして家に連れてきた側。いなくなった二人の歯科衛生士はどっちかな。拉致しようとしたクラリック側かな。先生は、どう思う?」

 理恵は、クラリックの名を憶えてるぞ・・・。

『印象が強かったからだ。気にするな』

「院長については理恵と同じだ。歯科衛生士の二人はまだわからない」


「気になるの?」

 理恵の箸が止まった。わずかに目尻が垂れた優しい眼が、ちょっと心配そうだ。

「ああ、気になるけど、理恵が言ったように、その場に合わせるよ。ただし、何かあった時のために準備はしておく」


「日記は書くんでしょう?」

「ああ、書くよ」

「良かった・・・」

 安心したように理恵は麻婆茄子を口へ運んだ。

「なぜって政府や政治が先生の思うとおりになるから。うっ、辛い!けど、うまい!」

 麻婆茄子の辛みで理恵は涙目だ。


 私は箸を止めた。

「政治をやろうと思わない。考えられる民主的な政治を書くだけだ。今は経済優先で、国民がないがしろにされてる。理恵の意見も聞かせてほしい」

「いいよ!」

 理恵は眼を細めてほほえんでいる。


 理恵が言うように、一般人の私が政府人事と政治に介入するチャンスだ。細部は異なるが、今日までの出来事は、日記のとおりに進んでる。これからも書いたとおりに進むだろう。

『ただし、正義に基づくことだけだぞ』

 わかってる。理恵と俺の関係も正義か?

『理恵がいないと、お前も私も困る』


 確かにそうだ・・・。銀行員の菅野と結婚していた過去の理恵も、経済優先の国策の被害者だ。民間企業にしろ官公庁にしろ、全てが経済優先の社会だ。財貨が全てを支配し、財貨なくして日常生活はありえない。地を耕して実りを得、それだけで生活するなど、過去の幻にすぎない。


 だが、現代文明で、人は精神的に豊かになったか?私の記憶にある江戸庶民は、現代よりはるかに進歩した精神文化を持っている・・・。えっ?なんで私に江戸の記憶があるんだ? 今は記憶云々じゃないぞ・・・。江戸庶民が現代人と話せば、現代人の教養のなさと、物欲を満たすのが文化であり文明だと思っている、ふしぎな現代人に気づくはずだ。


 現代人は文化と文明の区別がつかないだけでなく、財力が教養そのものと思っている。これは日本だけでなく、世界的傾向だ。原因は教育にある。現在の国民と政府は、経済優先の政治思想に基づいた教育をされ、国民と国土と日本文化を、日本国とは考えなくなっている。

 国土を売り、才能ある者を国外へ放出し、国内技術や国土を他国に売り渡して平気でいられる者たち、つまり政府と官僚と経済界人と研究者と技術者と国民は、もはや真の国民ではない。私は大政同志会のような右翼じゃないが、そう思う・・・。


「先生?どうしたの?」

 理恵が箸を止めて、私を見つめている。

「えっ?ああ、考えてた」

「日記のことを言ったからだね。せっかくの味がわからなくなるから、この話、やめよ」

「そうだね・・・。理恵、疲れてないか?」

「何?疲れてないよ。元気だよ。どうして?」

「昨日、色々あったのに、愛し合ったから」

「先生は?」

「平気だよ」

「じゃあ・・・、今夜も・・・」

 理恵の顔が赤くなった。身体から放つ熱さと香りが増している。

「ああ、もちろんだよ」

『優しく愛して、たくさん愛して』

 理恵の熱さと香りは、私だけが感じているのかもしれない・・・。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます