6、地震

 時   二〇二五年三月十四日(金)十一時二十四分

 場所  N市T区、自宅



 デスクトップパソコンの日記を書いていると、短時間の微振動のあとに家が大きくゆれた。耐震設計された家がゆれるのだから、大きな地震だ・・・。

「ケイコ!大丈夫か?」

 第一波の中、私は仕事場から居間へ出た。

「大丈夫!、何も被害ないよ!」

 妻は自室にいる。

 揺れが減少した瞬間、第二波が来た。BGM代わりのテレビは緊急放送に変わり、東海沖で発生した地震と、東海沖の鉛色の空と波を映し、これから来る津波を報じている。


 数分後、テレビに白波が映った。波は急激に高さを増している。

「子供は無事か?」

 私はケイコの娘夫婦の安否が気になった。

「二人とも無事と連絡が来た!自宅はわからないって!」

 妻の娘夫婦は都内から北関東の大手企業へ、新幹線通勤している。この時間は会社だ。都内北部の自宅は硬い岩盤の高台にあり、地震に強い。

「わかった!」


 私は揺れが鎮まるのを待って机にもどり、デスクトップパソコンの日記を書いた。

『東海地震だ。大地震だ。東海・東南海・南海連動型地震へ進むかも知れない。これで、嫌でも政治に関する批判が増える』

 マリオンが話したとおり、政治について書く時が来たのか。それとも、マリオンが存在すると思ってるだけか?

『省吾が現実を認めないだけだぞ』

 外を見ると、電柱の上に烏がいる。民家の先のT神社上空も烏が群がっている。

 そんな馬鹿な・・・。地震なら動物は逃げるだろう・・・。

 私はそう思いながらテレビに釘づけになった。


《東海沖で発生した地震と大津波で、東海、関東の太平洋岸に大被害が発生しました。都心の震度は七。首都高速は寸断され、一般家屋と耐震補強されていない建物が倒壊し、火災が発生しています。高層建築物は倒れていません。

 地震から三十分後、東海地方を十数メートルを超える津波が襲いました。都心の低地域、地下鉄、地下道が水没し、一般道と鉄道が水没しています。津波は海から内陸へ数キロにおよび、甚大な被害が発生していますが、首都直下型地震を想定して訓練していたため、人的被害は想定より少なく、政府機関は自家発電と衛星回線で政府機能を維持しています。

 速報です!浜岡原発施設が地震と津波で破壊されました。一号機と二号機が水素爆発を起こし、建屋上部が吹き飛んだと連絡が入っています・・・》


 私は日記に記録した。

『東海沖で発生した地震と大津波で、東海、関東の太平洋岸に大被害が発生した。甚大な被害が出ている。

 地震対策していた高層建築物と政府機関は機能を維持している。災害の救援復興は迅速に進めねばならない。

「原発廃止・自然エネルギー発電法」に基づいて原子炉を停止し、自然エネルギー発電へ切り換えているにもかかわらず、浜岡原発が水素爆発が発生した。

 福島原発と異なり、あまりに早い爆発だ。原子炉か使用済み核燃料か、どちらか不明だが、核分裂反応が進み、水が水素と酸素に分解したのだ。

 放射性物質が周囲に飛散したはずだが、政府は公表しない。いまだに国民が原子力を知らないと思って、政府は福島原発同様、この事実を隠蔽している。

 原子炉建屋内に大量の核燃料があったのだ。冷却水が不足したまま核分裂反応が進めば、チェリノブイリと同様に大惨事になる。

 さらに、東南海沖と南海沖、中部地方に群発地震が発生している。富士山の下に活断層がある。噴火の可能性は充分にある』


《富士山が噴煙をあげました。これについて気象庁は・・・》

 テレビから緊急速報が聞える。

「富士山の事を書いたせいか?」

 私はテレビを見た。

『省吾!噴火を止めろっ。大規模な臨界反応にはならない、余震はない、と書け!』

 電柱の烏から強い思いが伝わってきた。

 私はあわてて日記に、

『余震は起こらず、富士山の火山活動は鎮まり、原発の臨界反応は止まる。政府は災害復興を迅速に進める』

 と書いた。


 速報が流れた。

《余震が少なくなりました。富士山の噴煙が止まりました。

 浜岡原発の速報です。

 原発の冷却作業がはじまりました。大規模な臨界反応は回避される、との情報が入りました。

 なお、浜岡原発原子炉の核燃料は抜きとられていませんでした。自然エネルギー発電は行われておらず、原子炉が稼動していた事実が判明しました。

 また、使用済み核燃料も、福島原発同様に、原発建屋内部の使用済み核燃料プールに保管してありました。

 つまり、福島原発と同様な状況にあったため、制御棒と冷却装置と原子炉の破壊から、原子炉で燃料棒がメルトダウンし、水素爆発に至った事実が判明しました。

 今後「原発廃止・自然エネルギー発電法」による、原発廃止の政府命令を無視していた電力会社の犯罪が追求されます。

 政府が「自衛隊緊急出動復興法」により、自衛隊に災害救援復興出動命令を下しました。これにより、救援と復興が迅速に進められます・・・》


 やはり臨界反応が生じていた・・・。

 私は日記を書いた。

『東海沖の群発地震は減少し、富士山の火山活動は沈静化する。政府は、全自衛隊を出動させて、迅速に災害復興せねばならない。

 地震と大津波で、浜岡原発の原子炉は冷却機能を失い、メルトダウンして臨界反応へ進み、核分裂反応による高熱で水が分解して水素爆発した。原発施設はさらに破壊し、放射性物質が飛散した。

 幸運なことに、使用済み核燃料プールは破壊せず、大規模な臨界反応へは進まなかった。水素爆破時は北西の季節風が強く、この季節風は数日つづく見こみだ。吹き飛ばされた放射性物質はすべて太平洋上へ飛散している。一刻も早く、原子炉内の核燃料と、使用済み核燃料を冷やさねばならない』


 なぜ、いっきに鎮まる?特に変わったデスクトップパソコンじゃない・・・。

 私はディスプレイの日記を見た。

 マリオンが言ったように、日記に書いた事が現実になるなら、試す価値はある・・・。

 私は、昨年、私の歯科治療を担当した、Y歯科クリニックの歯科衛生士と親密になる旨を日記に書いた。

『やっと気づいたか』

 外を見ると、電柱にいた烏が民家の屋根へ飛び移った。その先は、森に囲まれたT神社だ。

 私は日記を書いた。


『電力会社は、「原発廃止・自然エネルギー発電法」を無視して原発を稼動したのは、原発による発電と自然エネルギーによる発電との比較稼動実験だった、と言い訳し、またも、震災による原発事故を、想定外、などと言っている。

 福島原発事故処理を成しとげていない現在、放射性物質を扱う事業に、想定外という言い訳は通用しない。原発は放射性廃棄物の処理方法を考えずにスタートした事業で、いまだ、放射性廃棄物を完全無害にできないのだから、あらゆる事故を想定して対処せねばならないはずだ。


 原発は商魂たくましい合衆国政府の計画に便乗した政策にすぎない。研究者や技術者など学識者は、政府から研究資金をもらっている手前、他のエネルギーを考えずに、

「原子力発電は安価で安全だ。他に代替エネルギーはない」

 と言い、原発の危険性を訴える技術者や研究者を、国家権力下の学術会議から退けてきた。

 チェルノブイリを調査した科学者はマスコミを通じ、

「放射性セシュウムの場合、その半減期の十倍、つまり、三十年の十倍、三百年を経ねば、もとのような土地利用をできない」

 と言っていた。

 福島原発の震災後の日本に、このような事実を説明する学識者も政府の人間もいなかった。そして、浜岡原発事故後も、この事は報道されていない。


 今回の東海地震で、またも、電力会社は放射能汚染で日本から国土を奪った。事故などと言っているが、国土を喪失させた事実に変わらない。

 報道されるのはあいかわらず、絆、などと、表面的なことばかりで、被災地の実態を報道していない。政府も学識者も報道も評論家も事実をうやむやにし、本音を発言しない。皆、自分の立場を優先し、政府と経済界の顔色をうかがっている。それは東日本大震災後と同じで、今も変わらない。


 放射性物質は地質年代的対応が必要な物質だ。人間と自然環境が十年から数十年の期間で対処した、昭和年代の公害とは、汚染の規模と期間が大きくちがう。

 人間一人の活動可能期間は五十年程度だ。その人間が、百年単位から億年単位で対応しなければならない物質を、数十年で対応できるかのごとく扱っている。政府も電力会社も経済界も、電力需要を掲げて国民を欺き、現実に目を背けている。


 福島原発から放射性物質が飛散し、国民から国土が奪われたのに、政府は福島原発の収束などと希望をほのめかし、飛散した放射性物質を除去すると言って「原発廃止・自然エネルギー発電法」を制定した。

 しかし、政府と電力会社は放射性物質を除去できなかった。放射性物質で汚染された土地は住宅地だけではない。耕作地も森林地帯もある。雨が降れば雨水は低い地域へ流れる。森林地帯の放射性物質除去など不可能なのは、誰の目にも明らかだった。


 配管破損による原子炉からの放射能に汚染された蒸気漏れなど、小規模な原発事故は過去に何度もあったが、政府も電力会社も電力不足を口実に、「原発は安全だ」と豪語してきた。政府も経済界も学識者も、放射性廃棄物の処理方法を解決しないまま、原子力開発を進めてきた。

 彼らは、過去の原発事故から何も学ばない、欲にまみれた馬鹿の集まりだった。

 国民は、水を交換しない、金魚鉢の中の金魚と同じに扱われている。毒のある糞にまみれた水中で暮すのをしいられている。


 全てがクラリックのまちがった経済理論からはじまった・・・。今後、世界経済の破綻から、新たな秩序下で、世界規模の国家連邦が編成される・・・』


 もしかして、これはマリオンの考えか?

『そうだぞ。気づいたな・・・。批判じゃなくて、もっと政治的方針を書くのだぞ』

 烏は飛びたたずにそのまま民家の屋根にいる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます