2、地球外生命体

 時   二〇二三年六月十日(土)十時過ぎ

 場所  Y市Z区、自宅



 Y市の、私の家の東近くに林がある。梢に烏の巣があり、日々、鳴き声がする。

 今日は特別、朝から鳴き声がうるさい。

 私は東窓に接した机から外を見た。

 二軒先の林に近い赤茶色の屋根に、小さな烏が二羽いる。近くの電柱に大きめな烏が二羽いて、赤茶色の屋根の二羽にむかって大声で鳴いている。親子だろう。


 電柱から親烏の一羽が西へ飛び、三十メートルほど離れた焦げ茶色の屋根に舞いおりた。

 すぐさま赤茶色の屋根から、子烏が焦げ茶色の屋根へ飛んだが、もう一羽の子烏は、いっこうに飛ぶ気配がない。

 電柱の上に残った、もう一羽の親烏が大声で鳴いても、子烏は何度も首を傾け、電柱の上にむかって文句を言うように、小さな声で鳴きながら、屋根の上を歩きまわっている。それが一時間ほどつづいた。


 ほとほと嫌になったらしく、電柱の親烏は鳴くのをやめ、焦げ茶色の屋根へ飛んだ。焦げ茶色の屋根にいた大小二羽の烏は、すでに、その先の、大きな赤茶色の屋根へ飛び去り、そこにいない。

 焦げ茶の屋根から親烏が鳴いても、赤茶色の屋根の子烏は、首を傾けて小さくわめくように鳴きながら、屋根を歩きまわるだけで、いっこうに焦げ茶色の屋根へ飛ばない。


 焦げ茶色の屋根にいる親烏が業を煮やし、ふたたび赤茶色の屋根の近くの電柱に舞いもどった。赤茶色の屋根の子烏にむかって、叱りつけるように大声で鳴きつづけ、焦げ茶色の屋根へ飛ぶと、赤茶色の屋根の子烏は、屋根を走って勢いをつけて羽ばたき、屋根から転げ落ちるようにして飛んだ。


 烏が子供に飛行訓練してる。烏の世界でも駄々をこねて、訓練や学習を嫌うのがいるんだ。どこの世界も同じだな・・・。

 そう思っていると、一羽の烏が近くの電柱に飛んできた。いつのまにか降りだした小雨の中で、じっとこちらを見て、

『飛行訓練だ。最近の若いのはいっこうに学ぼうとしない。困るぞ』

 若い女の声で言った。


 えっ?まさかそんなことはない・・・と思いながら、私はつぶやくように訊いてみた。・・・。

「あんたの子どもたちか?」

『私の子供ではない。彼らの親はあそこだ』

 電柱の烏は、二百メートルほど離れた大きな赤茶色の屋根を見た。

 屋根の上で二羽の親鳥が鳴き、小さな二羽が親鳥を無視して、屋根の上を歩きまわっている。


 私は何を考えてる?親烏が子烏を教育するのはありうるが、烏が話すはずがない・・・。

『省吾、お前は見た目だけで判断している。そこへ行って実体を見せようか?』

「ああ、かまわないよ・・・」

 烏が私の名を知ってる。思念波を使ってる。何かのまちがいだ・・・。

 そう思ったが、なぜか、私は驚かなかった。烏が濡れているのに気づき

「雨に濡れてるから、タオルを持ってくる」

 階下からバスタオルを持ってきて、南の窓を開けた。


 私の部屋は二階で、電柱が見える東側の窓辺に机があり、烏の出入りにじゃまだった。東の窓から電柱を見たが、烏はいない。

 やはり妄想か・・・。

 南の窓を閉めようとすると、芳しい香りがして背後に熱さを感じた。


『湿気が多いのは気にならないが、雨に濡れるのは困る・・・。タオルを借りるぞ』

 ふりかえると、金髪で色白の、緑色の瞳の若い戦士のような女が、バスタオルを取って身体を拭いた。

 女の左頬に、三センチほどの正三角形を成す小さなほくろが三つあった。女は腰がくびれた細身で、私ほどの身長があり、つなぎ目のない黒いバトルスーツを着ていた。腕から脇腹に近い背に飛行膜があり、この膜もスーツに包まれている。


 女が私の視線に気づいた。少し垂れ眼の大きな眼で私を捉え、白い歯を見せてほほえんだ。鼻筋が通った美しい顔だった。

『これか?これは翼だ。お前が思うように、皮膚組織が進化した飛行膜だ。人間を驚かさないよう、人間風に変異してる。

 お前は私を知っているから、ちょっとだけ実体を見せよう。驚かないでくれ』


 女の身長が私より高くなった。全身の皮膚は黒光りする突起の多い鎧のようになり、腕から背につながる膜は蝙蝠の翼のようだが、黒光りした強靭そうな外殻でおおわれている。

 顔も硬い突起だらけの鎧のマスクを被ったようで、他にくらべ、額の二本の突起が長い。一見不気味だが、まなざしは穏やかで、暖かい感情が伝わってくる。まちがいなく地球外生物だが、危険はなさそうだ。私のSF作品の登場人物そのままだ・・・。

「驚く姿じゃないよ。戦闘用のスーツだろう」


『過去に悪魔や魔物と恐れられた。省吾がそう言ってくれて私は安心だぞ』

 バトルスーツの姿が女の姿にもどった。

「あんたは何者だ?なぜ、烏に変身してる?いつからこの世界にいるんだ?」

『私は、私たちを代表する存在だが、私、と言っておく。私はネオテニー社会、つまり人間社会の管理のため、有史前から存在している。

 お前に頼みがある。お前が注文しているパソコンが今日とどく。パソコンに、正義に基づく日記を書け。お前が書いた正義を実行する。正しくは、タブレットパソコンのモーザに同調させた、エネルギー転換機プロミドンが、日記のフォルダに書かれた正義を実行する。実行するのは正義と正義の政治だけだ』


 政府閣僚や国会議員の専用タブレットで、何かする気だな。洗脳か・・・。

『閣僚や議員のタブレットパソコンは使わない。彼らに直接、正義を指示するのだ』

「俺だけに話すのか?他に話してないのか?」

『古代のネオテニー、フッシに話した。サルタヒコの助力で民主化を進めたが、クラリックに妨害された。

 フッシの子孫で八咫烏一族の開祖のアジスキは、正義の実行を理解できずに悩んだ。彼の時代は民主主義の波及前だったからだ。

 だが、彼は私たちの主張を、彼らの社会の未来として認めた。彼は他の人間が私の姿に驚かぬよう、烏の姿で人里に現れることを提案し、私が彼に精神共棲するのを認めた』


「クラリックって何だ?」

『私たちと同じ種族だ。私たちと敵対し、人間を支配しようとしている。

 クラリックは大型の猛禽類や天使の姿で現れ、人間の身体を乗っ取るから注意しろ』

「あんたは何と言う名だ?どこから来た?」

 私は、この地球外生物と考えられる女が何者か、知りたくなった。

『私の言うことを、誰にも話さずに実行する、とウケイするか?』

「ウケイ?」

『古代の言い方だった。誓約するか?』

「約束する」

『省吾が聞きとれるように変換すれば、私の名はマリオンだ・・・。

 私たちは、他の時空間、渦巻銀河メシウスの、アマラス星系の、惑星ロシモントから来た。私たちはロシモントの種族・ニオブの、アーマー階級ジェネラル位の、ヘクトスター系列の精神エネルギーマスで、私は、ヘクトスター系列の精神エネルギーマス総帥のヨーナの娘、マリオンだ』


「系列って何だ?」


『私たちは精神生命体だ。実体化も可能だ。精神エネルギーを共有し、私たちの種の系列同志で同一集合化し、一つの精神エネルギーマスとして存在している。

 私は私個人であり、同時に、私たちの種の他の存在の共通精神エネルギーなのだ・・・。

 わかりにくいようだな。では、私たちではなく、私と言っておこう。

 簡単に言えば、たがいに共有しうる個々人の精神エネルギーがたくさんあり、私がそれらの精神エネルギーの代表者として活動している、と思えばいい。

 省吾の精神を支える祖先がいるように、私を支える多数の精神エネルギーがあり、それら精神エネルギーは分離して単独でも行動できるが、私がそれらの精神エネルギーの思いを代行している。


 私の父ヨーナは、ヘリオス艦隊司令官にして大司令戦艦〈ガヴィオン〉艦長、ヘクトスター系列エネルギーマス総帥だ。つまり、私の系列は、ニオブのアーマー階級ジェネラル位の、ヘリオス艦隊の司令官アーマーで、大司令戦艦〈ガヴィオン〉の艦長アーマーだ。

 私たちアーマー階級のニオブの他に、クラリック階級のニオブとポーン階級のニオブと、ニオブと異なる種のトトが、この惑星ガイアに来ている。


 かつて、私たちニオブとトトが生息した惑星ロシモントは、現在もアマラス星系に属している。当時のアマラス星系は、渦巻銀河メシウスの銀河中心から、ガイアの時間にして、約二万五千光年の距離に位置していたが、現在は約二万光年の距離にある。そのため、現存するロシモントに昔の面影はない。あるのは、砂漠化した赤茶けた大地と、その大地に点在して輝く、いくつもの巨大なエネルギー転換機・プロミドン、こちらで言うピラミッドだけだ。


 クラリック階級は、惑星ロシモントの全ニオブとトトを宗教政治で支配し、私たちと対立していた。ガイアに宗教戦争が絶えなかったのは、クラリックが人間に意識内侵入して身体を乗っ取り、人間を支配していたからだ』


「故郷の星に住めなくなったのか?」

『そうだ。そのことは、いずれ説明する機会があるだろう。今は約束を忘れないでくれ』

「なぜ、あんたが日記を書かない?日記にクラリックの消滅を書けばいいじゃないか?」

『我々は、タブレットパソコンのモーザを介したネオテニー自身の、正義に基づく指令でプロミドンが稼動するよう、プロミドンをプログラミングした。

 クラリックの消滅を書けば、私も消滅する。正しくは、プロミドンによって、全ニオブとトトが消滅し、精神の源泉をニオブとトトに由来する、人間の精神が崩壊する。逆に、我々アーマーとポーンの消滅を書いても、同じことが起こる。

 我々は人間社会の管理者だが、支配者ではない。人間が地上の管理者となるべき存在なのだ』


「毎日、政治について書くのか?」

『単なる日記なら、要望や希望は正義だけを書け。お前が書いた正義をプロミドンが実行する。ただし、一度保存した日記は削除も上書きもできない。正義でないものは、お前の身にふりかかる。注意しろ・・・。

 書いた日記を訂正する場合、後日の日記で訂正文を書け。過ぎ去っていない出来事は訂正文の内容に変わる。

 実現前の未来に関する日記は時系列で書け。一か月後の内容を書いた場合、その文章の前に、一か月間の日記を書けるのだ・・・。

 日記を書いて保存を忘れても、モーザが自動保存する。心配しなくていい』


「不正アクセスされないか?」

『モーザは素粒子信号を時空間転移伝播させる。今のところ、時空間転移伝播は私たちニオブとトトにも感知できない』

「素粒子信号はワープするのか?」

『省吾の定義ならワープだが、亜空間転移せずに、直接、スキップ、時空間転移する』


「あんたは思考を感知するのか?」

『ニオブとトトの思念波は伝播経路が電磁波や脳波とは異なる。亜空間を転移伝播し、電磁波遮蔽した空間に侵入する・・・。

 妙な事を考えるな。侵入するのは思念波だけだぞ。

 思念波はレーダーでは感知できない。ニオブとトトはたがいの思念波だけでなく、ネオテニーの脳波も電磁波も感知できるが、時空間転移するモーザの素粒子信号は、キャッチできない』


「それなら、この家の電磁波遮蔽設備はクラリックに効かない。クラリックが思念波で俺を支配し、日記を書かせたらどうする?」

『心配いらない。このガイアの大陸の地下に、プロミドンを搭載した六隻の偵察艦と、一基のプロミドンが格納されている。

 日記のフォルダを開くと、七基のプロミドンが稼動し、以後、常時、パソコンのモーザを中心に、防御エネルギーフィールドが発生し、半径四十メートルの時空間に通じる、すべてのクラリックの亜空間を閉鎖し、日記の指令を実行する。

 クラリックの亜空間が閉鎖すれば、この時空間に通じるクラリックの亜空間転移ターミナルと亜空間通路が、すべて消滅する。

 我々は、プロミドンによって、自由にこの家の内部に思念波を送れるが、クラリックは不可能になる。モーザが存在するかぎり、クラリックの亜空間は閉鎖されたままになる・・・。

 クラリックの亜空間の閉鎖は、省吾の概念で説明すれば、高次元ベクトルを低次元ベクトルに変換した場合、減少した次元のベクトルが、0ベクトルに変換されるのに似ている』


 ここにパソコンはない。私たちの話はクラリックに聞かれているかもしれない。

『心配ない。私の思念波が外部から関知できぬように、プロミドンを操作した』

 呪ってもいいのか?罵ってもいいのか?

『妻への不満か?正義に反する内容は省吾の身にふりかかる。注意してくれ』

 書けない時がつづいたらどうする?

『必ず、正義の政治を書かねばならない時が来る。今は無理に正義を書かなくてもいいぞ』

 バスタオルが床に落ちて、マリオンと熱さも香りも消えた。

 どこへ行ったと思いながら、外を見た。

 窓の外で、電柱の烏が翼をふって合図している。

『クラリックは宗教思想に加え、経済思想で支配を進めている。

 人間世界をクラリックに支配されてはならない』


 書くよ。あんたと話したい時はどうする?

 私は小さく手をふって思念で訊いた。

『私はいつもお前の傍にいるぞ』

 思念波を反映する媒体があるのか?

『そうだ・・・』


「あんた、永嶋さんから通信!」

 妻の声で目覚めた。机にもたれて眠っていた。時計は十一時。電柱を見たが、烏はいない。開けておいた南の窓は閉まっている。すべて夢だったか・・・。

『夢ではないぞ。ケイコの言動は無視しろ』

 マリオンの声だ。どうして妻の名を知ってる?いや、私が自分の思いを、マリオンのように思っているだけかもしれない。


「また、こんなとこにバスタオル置いて。床がびしょびしょじゃないの!パソコン、とどけたいって言ってるよ。早く出なさい!」

 小柄な中年女が眼鏡の奥で目を吊りあげ、バスタオルを階下へ放り投げた。

「ふんっ、いいご身分だこと。午前中から、昼寝とはね」

 午前中の睡眠は昼寝じゃない。朝寝だぞ・・・。

 愚痴を聞きながら、私は階下へ下りて、妻が管理しているセキュリティモニターの映像通信に出た。妻の愚痴の思念で頭痛がする。

「パソコンが完成したのでとどけます。一時間くらいで着きますから」

 N市在住の二十年来の友人・永嶋は、それだけ言って通信を切った。

「あんたの客に、昼飯の仕度なんかする気はないからね。外で食べなさいよ!」


 永嶋が来ると、私は彼を食事に誘った。Y市でちょっとは知られた昔ながらの鰻屋だ。

 鰻屋で鰻重を食べたが、うまくない。蒸しすぎで焼きがあまく、鰻が水っぽい。どうして、こんなのがうまいのか不思議だった。

「永嶋さん、この味はどうです?」

『まずくないぞ・・・』

 烏は雑食で、油揚げのような香ばしい物を好むのに妙だ・・・。

「まあまあですが、評判ほどじゃないですね」

 周囲に従業員がいたせいか、永嶋は低い声で話すと、鰻についてそれ以上言わなかった。


「注文は、文書作成専用のタブレット型ノートパソコンと、文章と画像編集専用のデスクトップパソコンを一台ずつでしたが、約束どおりの費用で二セット用意しました。

 気にしないでください。最近入手した特注品の在庫処分ですから。私の所にまだ三セットあるんですよ。

 タブレットとデスクトップのどちらも、タッチパネル型ディスプレイです。バーチャルキーボードか音声で操作すれば、ディスプレイが汚れずにすみます。外付けフレキシブルキーボードやハードキーボードも使えます。

 バーチャル3Dディスプレイを使う場合や3D映像を見る場合は、2Dから3Dにリセットするか、メガネ端末かスカウター端末を使ってください。

 パソコン一セットに三種の携帯端末が付いてます。端末と言ってますがパソコン専用ではありません。従来方式の携帯機器です。

 タブレット携帯端末は操作がタブレットパソコンと同じです。

 メガネ帯端末とスカウター帯端末は、ワイヤーマイクか骨伝道センサーによる音声と目の動き、バーチャル3Dディスプレイで操作できます。

 パソコンは二機種とも大容量なので、テレビやセキュリティモニターを集約できますよ」


「パソコンは仕事だけに使いたいんです。テレビはBGM代わりに、一日中スイッチを入れたままにしてます。家は電磁波遮蔽されてるんで、固定通信機を兼ねたセキュリティモニターが、外部通信の中継器を兼ねてます。

 非常時に備えて、仕事用のパソコンと他の機器は、別にしておきたいです」

「集中管理より、分散管理の方がリスクは少ないですね。パソコンに他の機器を集約したい時は連絡ください。

 費用は約束どおり、パソコン一セット分と日当だけです。在庫が余ってたので二セットになっただけです。壊れた時の予備に保管してください」


「なぜです?」

「私が扱うのはセコハンです。今回の費用も部品代だけです。特に理由はありません。普通に使ってください。

 一年内に一度メンテナンスしましょう。その時は無償です。

 今回の領収書は?必要なら、正式のを発行します」

「いえ、必要ないです」

「では、もどって作業をはじめましょうか」

 永嶋は戸外でタバコを吸いたそうだった。

「はい・・・」

 私は会計をすませて外へ出た。


 セットアップが終わり、四台のパソコンが使えるようになった。

「何かあったら連絡ください。二十四時間、いつでもかまいません」

 永嶋は帰っていった。

 私は机の隅にあるテレビのスイッチを入れ、ニュースを映し、デスクトップパソコンを起動し、日記に今日の記録を箇条書きし、

『もしかしたらマリオンは夢だったのかもしれない』

 とつけ加えた。

『私は現実だ。日記は可能なかぎりタブレットパソコンに書け』

 外の電柱から、烏が私を見ていた。


《昨夜、H市で交通事故があり、大学職員の島本さんと会社員の竹村さんが亡くなりました。原因は竹村さんの酒酔い運転でした。なおこの事故による・・・》

 BGM代りのテレビニュースが交通事故を伝えた。

 まだ泥酔して運転する人がいるんだ。

『省吾も、飲んで運転したら危険だぞ』

 まさか?と思って外を見ると、まだ電柱に烏がいる。


 その後、デスクトップパソコンの日記に、正義の政治を書くことなく、気になる記録を時々書くだけで一年程がすぎた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます