1、調査員

 時   二〇二三年六月九日(金)二十時過ぎ

 場所  H市O区の居酒屋



 H市O区の居酒屋で、H大学学生部の職員、島本は、家電量販店店長の竹村に会った。

「夕刻、卒業生の父親と名乗る男が、女子卒業生のアルバイト先をたずねてきたの・・・。酎ハイとホッケをお願いね」

「もしかして、二〇一六年の俺の店?」

 竹村は、アルバイト学生だった横山理恵、当時二十二歳を思いだした。

「そうよ。どうしてわかった?」

 料理が運ばれてきた。店内は雑踏のにぎわいだ。深刻な話をしても、誰も気づかない。


「俺の方も、閉店間際に妙なことがあった・・・」

 竹村は酎ハイを一口飲んで話した。

「本社の調査員が来て、二〇一六年のアルバイトについて聞かれた。バイトが勝手に、中古パソコンを販売しなかったか、と言うんだ。それはない、と答えたら、学生の写真を見せられた。

 あの時は、何も思いださなかった・・・・」

「私の方は、娘が亡くなったんで、生前、娘が学生部から紹介されたバイト先、あなたの店で働いてたはずだから、店の担当者を知りたい、と言うのよ。

 卒業生名簿を調べたら、確かに卒業生の名はあったけど、学生部を通じてアルバイトを紹介した記録がないの。それに、卒業生には、毎年、同窓会報を送ってるし、同窓会費も振り込まれてる」


「卒業生は生きてるのか?」

「そうなの。調べる間、相手にディスプレイが見えるわけじゃないから、卒業生が生きてるのは話さず、学生部からアルバイトを紹介してません、記録がありません、と言っておいたの。男はすぐ帰っていったわ」

「それで俺に連絡したのか」

「うん。男は何だと思う?」

「本社の調査員にしては高級なスーツを着てた。調査員も商品を見るから作業着の場合が多いんだ。今日は遅くて無理だったから、明日、本社に確認するよ」

「それだけならいいけど、妙な事に巻きこまれたらいやよ。あなたも気をつけてね」

「ああ、わかってる」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます