第20話 帰り道

「あの野郎、何考えてんだ」

 やっと終わった練習の帰り道、怒り心頭に歩きながら野田がキレる。

「ほんと、あいつ何考えてんだよ。マジ、体ボロボロ」

 その横で仲田もキレる。

「ほんと、疲れた」

 更にその隣りで心底疲れた表情で志穂が呟く。全員本当に疲れた表情と足取りで歩いていく。

「早く、帰って寝たい」

 志穂はもうかなりグロッキーな表情になっている。

「さすがに何にもする気がしないな」

 その横で持久力なら右サイドバックの野田とチームで一、二を争う左サイドバックの仲田も、かなり辛そうな表情になっている。

「ほんとほんと」

 体力に自信のある野田も同意する。

「練習はすりゃいいってもんじゃねえんだよ。昭和のスポコンじゃねえんだからさ」

 野田は怒りが収まらない。

「しかも、これからあれが続くんですかね」

 志穂が呟く。

「・・・」

 全員が黙った。

「早く酒飲まなきゃ、やってらんねぇな」

 その時、ずっと黙っていた宮間がぼそりと呟いた。

「えっ」

 残りの三人が驚いて一斉に宮間を見る。

「今日も飲みに行くんですか?」

 恐る恐る野田が宮間に尋ねる。

「当たり前だ。飲まいでか」

 宮間ははっきりと、きっぱり断言した。

「・・・」

 三人とも言葉がなかった。

「私たち明日仕事なんだけどなぁ」

 三人は同時に思った。しかし、そんなことは宮間に言えるはずもない。


「へぇ~ファッション関係の専門学校なんだ」

 宮間たちと同じく銀月荘への帰り道、繭は隣りを歩くかおりを見上げながら言った。

「うん、私、デザイナーになるのが夢なんだ」

「へぇ~、いいなぁ、そういうの私も憧れるなぁ」

 繭はうっとりと、中空を見つめた。

「それでかおりちゃんは服のセンスがいいんだね。なんか違うと思ったんだ」

 繭はそう言って、グラウンド脇の更衣室で着替えたかおりの私服を改めて見つめた。

「ほんと?ありがとう。これ、自分で作ったんだよ」

「うそぉ~、すご~い、どっかのブランド物かと思ってた」

 繭は本気で驚いた。

「へへへっ、自分で作るから生地は結構いいの使ってるんだ」

「羨ましいなぁ」

「今度、繭ちゃんにも作ってあげるね」

「ほんと、ありがとう」

 繭は大きな目を更に大きくクリクリと輝かして喜んだ。

「でもかおりちゃんて、デザイナーっていうより、モデルって感じがする」

「う、うん、それは、みんなに言われる。お前は着る方だろうって・・・」

「私なんか、チビでずん胴だから羨ましいよ」

「でも、私は背が大き過ぎて、自分に合う服がないんだ。良いなって思った服は大抵サイズがないし、サイズが合う服は大抵、デザインがボロボロだし・・・」

「そうかぁ。背が高過ぎるっていうのもいろいろ苦労があるんだね」

「うん、だから、自分で作ろうってある日思ったの。それで、お母さんが洋裁やってたから、教えてもらって作ったの。そしたら、結構上手く出来たんだ。それから、洋服作りにはまっちゃった。こう見えても、私、手先が器用なんだ」

「それでデザイナーなんだ」

「そう」

「へぇ、羨ましいなぁ。私本当に不器用なんだよね。指も短いし」

 繭は自分の指を残念そうに見つめた。

「家庭科の時間に作ったエプロンとかクッションとか、完成したこと無かったもんなぁ」

「か、完成したことがないんだ・・・」

「うん・・、でも、それが何でサッカーなの?」

 ふと、疑問に思い繭が訊くと、かおりは突如として表情を曇らせた。

「どうしたの」

「う、うん」

 かおりの表情はさらに曇る。

「私小さい時からずっとバレーをやってたの」

「バレー?」

「うん、小さい時から背が高かったから、少女バレーの監督をやってた近所のおばちゃんに、「やらない?」って言われて、そのまま半強制的に連れてかれて・・」

「へぇ、そうなんだ。でも、そうだよね。バレーの方が自然な感じがするよね」

「でも、やってみるとバレーはすごくおもしろかったし、身長もいかせるし、背が高かったから直ぐにエースになったし、友だちもたくさん出来たし、楽しかったんだ」

「へえ、でも、それが何でサッカーなの?」

 繭にはそこが全く繋がらず、首を傾げた。

「高校に入ったら、バレー部がなかったの」

「えっ!」

「普通あるじゃない。どこの学校も。しかも私の進学した高校はスポーツでも有名な私立の高校だったから当然あると思ってたのよ」

「・・・、そしたらなかったと・・・」

「そう、最初嘘だと思って・・・、でも、体育館にいったら本当になかったの」

「・・・」

「男子バレー部はあったのよ。でも、なぜか女子バレー部だけないの」

「そんな学校もあるんだね」

「うん」

「それで、サッカーに?でもなんでサッカーなの?」

「私のクラスの担任が女子サッカー部の顧問だったの。それで、「やらない?」って誘われて、お前は背が高いからサッカーに向いているとかなんとか言われて、そのまま半強制的に連れてかれて・・・」

「ああ、なるほど、そういうことだったのか」

「それで、そのまま半ば強引に・・・、サッカー部に・・・」

「そうだったんだ。でも、女子バレー部がなくて、女子サッカー部がある学校の方が珍しいよね」

「そう、本当に、私馬鹿だわ。バレー部があるか確かめないなんて」

 かおりはうつむき悲しげに頭を抱えた。

「そんなことないよ。そのおかげでこうして、かおりちゃんと会えたんだし」 

 繭は慌てて慰めた。

「そうよ、それに今は私サッカーを愛しているわ」

 かおりは直ぐに顔を上げた。

「そ、そうなんだ」

 繭はかおりの切り替えの早い前向きな性格をすごいと思った。

「私なんだかサッカーの方が才能があるみたいなの。ヘディングは苦手だけど、ボールに合わせるのがすごく上手いってよく褒められるし、ゴールを決めた時の快感がもう病みつきなの。繭ちゃんもサッカー好きでしょ」

 かおりは繭を見た。

「う、う~ん」

 繭は返事に困った。本当は高校卒業と同時に、繭はもうサッカーをやめようと思っていた。

「一緒にがんばろうね。私、同い年の仲間が出来てうれしい。私一人だったら、すごく心細かったもん」

「うん」

 そう答えた繭だったが、心の中にはまだすっきりと晴れないものがあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー