第14話 不安

「あらぁ~、でも、こっちまでぷんぷん匂ってきますわよ」

 その時、宮間の後ろで声がした。麗子だった。

「あちゃ~」

 野田と仲田と志穂が思わず額に手を当てる。宮間と熊田だけでも、厄介なのに麗子まで絡んでくるとは。

「何だとぉ」

 三人の心配した通り、直ぐに宮間はその言葉に反応し麗子を睨みつけた。もう、この二人は天敵以上の関係になっている。

「お前のどぎつい香水の方がくせぇんだよ」

「なんですってぇ」

「あちゃぁ、始まっちゃった」

 三人は焦るがもうこうなってしまっては、どうしようもない。三人はおろおろとただただ二人の動向を見守るしかなかった。

「お前の香水の匂いが強烈過ぎて目まいがすんだよ」

「あなたの酒臭い息に吐き気がしますわ」

「なんだとぉ」

 二人の沸点は、あっという間に頂点に達した。

「あ~あ」

 三人の予想を裏切らず、宮間が麗子に飛び掛かると、やはり二人は取っ組み合いのけんかを始めてしまった。

「やめてくださいよ。二人とも」

 野田と仲田と志穂が間に入ろうとする。だが、二人は激しく絡まり合い、とても入っていけるような状態ではない。それでも、三人は必死で喧嘩を止めようとする。

「お前も止めろよ」

 野田が後ろにいた熊田に叫ぶ。

「そうだ。お前コーチだろ」

 仲田も叫ぶ。

 しかし、熊田は我関せずといった態度で、動こうとしない。

「けんか両成敗。けんかはサッカーの肥やしじゃ。どんどんやったらええ。雨降って痔、治るじゃ」

「何、わけのわかんねぇこと言ってんだこの野郎」

 野田が叫ぶ。

「いいから、止めろよ」 

 仲田も叫んだ。

「地、固まるです」

 志穂が小さく呟いた。

「おおっ、そうじゃ、そうじゃ、わしはトイレに行こう思とったんじゃ」

 しかし、突然、熊田はそう言ったかと思うと、ひょいひょいとその場に背を向け、そのまま行ってしまった。

「トイレ、トイレ、ちくとビールを飲み過ぎたかのう」

 そんなことを一人呟きながら、熊田は陽気に去っていく。

「・・・」「・・・」「・・・」

 野田、仲田、志穂の三人は、そんな熊田の背中を呆然と見つめた。

「このやろぉ。もう一回言ってみろ」

「何度でも言ってあげますわ。吐き気がする吐き気がする」

 その間にも二人の喧嘩はしっかりと続いていた。二人はユニホームを掴み合い、グランドに転がりながら、罵声を浴びせ合う。それはまさに子供のけんかだった。

「・・・」「・・・」

 二人のいい大人の子供のような喧嘩を、繭とかおりは少し離れた所から、不安げに見つめていた。

「なんかすごいチームに入っちゃったな・・」

 二人は心の中で同時に思っていた。

「びっくりしたでしょう?」

 その時、ふいに二人の横から誰かが話しかけて来た。その方を二人が見ると、繭より少し背が高い位の、小柄できれいな女性が立っていた。髪型はショートヘアの繭より少し長いショートボブに、左端を特徴のある大きなヘアピンでとめていた。赤いユニホームを着ているところを見ると、このチームの選手らしい。

「始めまして、柴真理です」

「あ、は、始めまして」

 二人は慌ててあいさつをする。

「一応このチームのキャプテンをしているの」

 そう言って、柴はにっこりと笑った。

「この人がキャプテン」

 二人は、改めて目の前の柴を見た。確かにキャプテンというだけあって、しっかりとした落ち着いた雰囲気を醸している。

「こんな人もこのチームにいるのか」

 二人は驚くのと同時に、少し安心した。

「あまり気にしないでね。あの二人。いつもことだから」

 柴は取っ組み合いをしている宮間たちを見た。

「いつもなんだ・・」

 二人はやはり不安になった・・。

「うちはちょっと賑やかだけど、慣れると楽しいわよ」

 柴はにこやかに言う。

「は、はあ」

 そう言われても二人は、少し戸惑った。正直こんなことに慣れたくはない・・。

「あっ」

 その時、繭は柴の左頬に傷があるのを見つけた。細い、頬に沿って縦に流れるような傷だった。多分古い傷なのだろう。傷跡は、もうだいぶ薄れていた。

「どうしたんだろう」

 繭はなぜか、そこに何かあるような気がして、その傷がとても気になった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー