虚構世界のブラックボックス―― 銀の銃弾と8人の魔法使い

作者 言波和司

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 人間界で活躍する魔法界から送られた諜報員たちの物語。異世界とリアルの混交。設定を練るのも苦労したのではないか。
 おかげでよみごたえのある力作となっている。個人的にはアルテミウスファウルシリーズに近い面白さを感じた。
 残念な点は、人間界側の勢力があまり驚異ではないところだろうか。そういう意味では魔法の優越は事実でもあるだろう。描写からすると天体魔法は核兵器やミサイルに匹敵しそうでもある。
 今後の展開に期待したい。