吐き気を催す英雄の冒険譚

作者 おかか貯金箱

ブ男にだって冒険を愛する気持ちはあるんだ!

  • ★★★ Excellent!!!

ゴブリンとフランケンシュタインを足して、潰した上に酸をぶっかけたもの。
それが転生した主人公の顔だとか。
現実世界では顔のせいでうだつが上がらなかったのに、転生後もそれ!?

しかし、異世界は現実ほど冷たくはありませんでした。
名家に転生した彼は「生みの親に捨てられる」という凄惨な運命と引き換えに魔法の才能を手にしていたのです。
そして、偏見を持たぬ森の魔女との出会いが全てを変えました。彼の、第二の人生…憧れの冒険者として生きる道が始まったのです。

いわゆる転生ものですが、醜い顔というハンディを抱えているせいか主人公が高慢なイキリ野郎でなく、他者への気遣いもできており好印象でした。自分を捨てた親へ恨み言すら零さないんだもんなぁ…。
そんな彼の周囲に集まってくるのも、主人公をライバルや仲間として認めた者ばかり。
特に良かったのが「大人と話せて交渉できるのが凄い」とヒロインが褒める場面。転生前はアラフォーなんだから本人からすれば出来て当然なんですが、周りが少年少女ならそうなりますよ、そりゃ。「襲われた時に助けてくれたから」なんて使い古された理由でなく、信頼の築かれていく過程がしっかり示されるのも本作の魅力です。

広い世界を見てみたいという冒険心。少年ならば誰もが抱く純粋な夢。
生まれ変わった彼がハンディを克服して、人生の大切なものを取り戻していく物語。冒険ファンタジーが好きなら是非!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

一矢射的さんの他のおすすめレビュー 289