第31話 夜空の下で

その後、乗り合い馬車に乗ろうと西門に向かうと、なにやら立て札があった。

『西関所方面、落石のため今日より2日、運行中止』


「だって。」

ユニがこちらを向きながら言う。

「どうしようか?」

これはテオだ。

2人は、2日くらいここで待っても構わないのだろう。しかし、

「な、なあ!せっかくだし歩いて行かないか?いつも馬車じゃ飽きるしさ。石だって、歩きなら迂回できるだろ?」

必死な宣教師が1人いる。

「どうしたんだ、アイラ?」

まあ、別に歩いてもいいのだが、何に必死なんだろうか。

アイラは言いにくそうにしていたが、最終的に口を開いた。

「だって昨日の夜、先生とケイトさんの前で泣いたのに、これで会ったら気まずいじゃんか。」

なるほど。気持ちは分かる。

それにしても、彼女は気持ちが弱るとすぐ口調に出るな。

「私は歩いても構わない。」

「僕も。それにたまには歩かないと、足の筋肉も弱くなるしね。」

「私も反対する理由はないな。」

そう言うわけで、私達4人は門に向かう。

アイラは心底安堵したようだった。



頭上を雲が流れて行く。

私達は街道を西へ向かって歩いていた。道自体は街道を行けば良いと、昨日ギルドで確認済みだ。


「うー。わがまま言ってごめん。」

アイラがそう謝罪してきた。

「いや、全然気にしてないさ。むしろ、たまにはこんな風にのんびり歩くのも良いものだ。」

「ん、風が気持ちいい。」

「確かに、いつもは馬車だもんね。大丈夫だよ、アイラ。一緒に旅をしていれば、わがままを言うことも、聞くこともあって当たり前だもの。」

「そっか。ありがとう。」

アイラはそう言いつつ、気にしているようだが。

まあ、そのうち慣れていけばいい。

時間は、十分あるのだから。


途中休憩もはさみつつ、私達は歩いた。

確か、村までは馬車で4時間程度。

私、ユニ、テオはまだ体を鍛えているので問題ないが、アイラのスピードに合わせるとどうしても今日中の到着は難しいだろう。

「少し日も傾いてきたし、今日はここで休まないか?」

みんなも異論はない様子だ。

私は収納から簡易のテントを出した。

地球にあるようなしっかりとしたものじゃないが、雨風を避けたり、一晩休んだりする分には十分だ。

私達はカイゼル師匠に仕込まれた手順に従い、組み立てていく。かなり手際良く出来たと思うが、それでも数時間。

あたりは既に夕暮れどきになっていた。


焚き火の用意を終えた私達は、火を囲みパンを食べている。

取り止めのない話をしながら夕食を終えた私達は、見張りを立て交互に休む事になった。


今、私はアイラと共に火の番をしている。

3時間の交代の予定だ。

私はチェルミで購入したリンゴをアイラに渡す。因みに、仮面は夕食の時から外している。

「何度見ても、ルークの魔法は便利だよな。特に収納はさ。それに、今も魔法を使っているんだろ?」

リンゴを受け取りながら、アイラがそう言った。

彼女のいうように、私は見張りの時は気配探知の魔法を使っている。範囲は大体1キロメートルか。

かつて森の中で使い続けたおかげで、こういう落ち着いた状態であれば負担にもならない。

「まあ、確かにとても助かっている。」

「やっぱり、遠距離移動の空間魔法も使えるのか?ってごめん。こういうのも聞いちゃダメだったか?」

「いや、そんな事はないさ。」

なるほど。どこか遠慮があるとは思っていた。

付き合いが浅いせいだと思っていたが、私が思っていた以上に、初対面の時の態度を気にしているらしい。

「アイラ。」

出来る限り、優しい声を心掛ける。出来ているかは分からないが。

「な、なんだ?」

「そう、緊張するな。何度も言うが、最初の時の事はもう気にしていない。それに、私の1番の秘密と言えば、この顔の事だ。それを受け入れてくれたアイラには感謝こそすれ、何を聞かれても今更怒らないさ。」

「でも、聞かれたくない事はあるだろう?」

「それならそう言うさ。私だけじゃない。私達は、アイラに悪気がない事は理解している。」

「そっか。」

そう言ってアイラは俯いた。そして、1度頷くと、私の顔を見て話す。

「じゃ、じゃあ、ルーク達の事、色々教えてくれよ。子どもの時とか、さ。」

「ああ、何でも聞いてくれ。差し当たって、さっき聞かれた遠距離移動は使えるぞ。ここからなら、チェルミぐらいまでは行けるな。」

「はー。いや、魔法に詳しくはないけどさ。多分、凄いんだろうな。」

「まあ、私の師匠ならもっと遠くまで行けるだろうがな。」

そんな風に、私はアイラに聞かれた事に答え、逆にアイラの子ども時代についても聞いたのだった。


ユニ目線

「ユニ、テオ、交代の時間だぞ。」

テントの中で寝ていると、ルークが起こしてくれた。

寝起きは良い方で、すぐに起きた私達は見張りを交代した。

ルーク達はテントに入り、もう寝たみたいだ。

「アイラ、笑ってたね。」

テオがそう言ってくる。確かに、少し固かったアイラの表情が柔らかくなっていた。きっと、ルークと少しでも打ち解ける事が出来たんだと思う。

「うん。良かった。」

そう素直に答えた。私達の中では、ルークとアイラの間が1番距離があったから、それが埋まったなら、良い事だと思う。

「そうだよね。うん、良い事だよね。」

テオの返事の歯切れが悪い。

「ユニはさ。ルークとはどう?」

テオに聞かれたけど、よくわからない。

「どうって、何が?」

「だってさ。その、両思いって事でしょ?何も無いの?」

そう言われて、私は顔が熱くなった。

そう、私達は両思い。ずっとルークの事が好きだったけど、この旅に出る直前に彼の気持ちを聞くことが出来た。

夢に見ていた状況とはまるで違ったけど。

それでもその後色々あって、今は両思いだと言えるようになった。

確かに告白とかはされていないけど。

「ユニ?どうしたの?」

そこまで考えて、テオの質問に答えてない事を思い出す。というか、テオがいた事を思い出した。

「ごめん。テオがいること、忘れてた。」

「それは酷くない!?」

「声が大きい。2人が起きる。」

「あっ、ごめん。って僕が悪いのかな?」

そしてテオはため息をつくと、

「まあいいや。それで?もう1度聞くけど、ルークとは何もないの?」

それが恋人らしい事、という事なら。

「うん、無いよ。」

実際特に無い。2人になる事はたまにあるけど、そう言う時も今までのように、おしゃべりをしている。

「うんって、ユニはそれで良いの?」

「うん。」

これは嘘でも強がりでも無い。

「私も、多分ルークも今が楽しい。私と、ルークと、テオと、アイラの4人でまだまだ世界を旅したい。だから、恋人になるのはまだ先でいい。」

「僕はてっきり、2人の邪魔になってるのかなって思ってたけど。」

テオがそんな事を言ってきた。

テオもたまに、意味のない事を考えるけど、こういうところ、ルークもテオも男の子だなって思う。

「大丈夫。むしろ、テオはアイラとは何かないの?」

「はっ!?な、ないない。何もないよ!」

「だから、声が大きい。それに、そんだけ言うと、逆に怪しい、よ。」

そう言うと、テオは顔を俯ける。顔が赤く見えるのは、火の明かりのせいだけではないよね。

実際、テオの周りには家族以外の女の子はあまりいなかったし、何よりテオを男の子扱いしてくれる女の子は全くいなかった。

そんなところに、アイラが現れた。

これからどうなるかは分からないし、そもそもアイラの気持ちも分からない。

でも、2組の夫婦が楽しそうにしている。そんな未来も素敵だな、と思えたのだ。




翌朝、ユニ達に起こされ、片付けと朝食を済ませた私達は、街道をまた歩きだした。


そして、3時間も歩いていると、途中谷のような細い道に入り、道を塞ぐ落石までたどり着いた。

「立札の落石って、多分これだよね?なんか、横を通れそうに無いんだけど。」

テオの言う通り、綺麗に岩がはまっている。

「やっぱり、チェルミで待ってた方が良かったかな?」

アイラは少し涙目だ。

仕方ない。

「?ルーク、どうするの?」

「なに、土魔法は得意だからな。」

私は岩に手を当て、魔力を通す。

そして、イメージを作った。

「サンド。」

言葉と共に、魔力が岩を砂に変えていく。

「よし、これでいいか。」

振り向くと、そこではみんなが呆れていた。



その後もさらに歩くと、昼は過ぎたが、日がまだ高いうちに村に着くことが出来た。

そこは、低い柵に囲まれた、とても小さな、村だった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます