主人公ルークの今まで

本作の主人公ルークは、グラント王国にあるゼルバギウス家と言う貴族家の長男であると同時に、前世の記憶を持つ異世界からの転生だった。


彼はその容姿が醜いことから家族から疎まれるが、彼は前世でも容姿に恵まれず、それでも家族に愛された経験から、今世で愛されなくてもそれを受け入れることを決める。


彼は前世で読んだ転生モノの本の知識を参考に魔法の練習に取り組む毎日を送っていた。


しかし、記憶が戻り1年、ルーク3歳の時に弟レイが産まれたことをキッカケに、あるシナリオを予想したが、果たして予想通りに森に捨てられてしまったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます