これは、物語るための物語~開拓と交易の冒険者カデュウ~

作者 絵羽おもち

街を作ろう。冒険しよう。だって魔王様が暇してるんだから。

  • ★★ Very Good!!

「なんで街を作ることになるのか」
その経緯が秀逸でついつい微笑んでしまいました。そりゃあ仕方ないね、なんて。

第1章はワクワクドキドキ、仲間を集めて冒険する章です。お話しの合間合間に地方に関して宗教に関しての設定回が挟まっているのですが、それも面白かったです。ゲームの攻略本等が好きな人は夢中になるのではないでしょうか。しっかりと基盤が作られた小説であることが話しの節々でわかると思います。戦闘シーンも冒険の道中も多くの会話を挟みながら詳細に書かれているので一緒に冒険しているような気持ちになれます。盛り上がりどころとゆるさのバランスも面白いです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

なみだぼたる@10月2日更新再開さんの他のおすすめレビュー 18