32話 親方!海からおっさんが!

 苔と葉が積み重なる深き土壌、うろの大木が根を巡らせる幻想的な光景の間をくぐり、比較的歩きやすい場所をアイスが先導していく。

 かつてはここも道があったのであろうか、他の箇所と比べて直線的に進めている。


「……でっかいし、緑が一杯、清らか」

「うん、そうだね。澄んだ世界だね……」


 景色を眺めながら、カデュウとイスマは癒されるような表情で歩みを進める。

 視界に入る緑と茶色の世界は、どこを切り取っても美しい。


「この美しさを損なわないように、発展させていかないと」

「自然との共存ですね、それが良いです。私の故郷もそんな感じです」


 柔らかく笑うアイスも、やはり清浄な空気に安らぎを覚えているのだろう。


「あ、そろそろ到着しますよー。はい、こちらが海ですー」


 原生林が途切れたその先には、両側が崖となっている美しいターコイズブルーの入り江が広がっていた。

 


「すっごーく綺麗でしょー。見つけた私を褒めちぎって、なでなでしてくれてもいいんですよ」

「ははは。その言い方、なんだかソト師匠っぽい」


 望み通り頭をなでなでする。

 風にたなびく美しい黒髪と対照的に、アイスは明るく無邪気な子であった。


「……なでなでしてあげよう」


 んしょんしょ、と頑張って頭に手を乗せようと背伸びしているイスマ。

 にっこり笑顔を見せて、アイスがしゃがんで撫でられに行く。


「どうもどうも。さて、それじゃあ、食べれそうなお魚さんがいるか、調べてみましょうか?」

「そうだね。僕は周囲の地形を確認してくるよ」

「……ちゃぷちゃぷしてる」


 アイスとイスマは海の調査、カデュウは周囲の探索にかかる。


「この崖の外側には海が広がっている。……という事はここから船で移動できそうかな?」


「ところどころ風化した瓦礫が埋まっている……、昔はこの辺りにから船を出していたのかも。入り江の大きさからみて小規模な港とか?」


「帝都っていうぐらいだから他の場所に本格的な港もあって、こっちは皇族専用、なんて事もあるのかも」


「そういえば、こういうのって探検者の仕事だよね。余計な干渉をされない為に、形になるまでは発表出来ないけど……」


 あちこちを調べて回ったカデュウは、再び入り江に戻った。

 何やらイスマが手招きをしている、何か見つけたのかもしれない。




「どうしたの? 何か面白いもの見つけた?」

「……海からおっさんが流れてきた」


 ……想像を遥かに超えた何かを見つけていた。

 超えた方向性が大分、明後日の気がするが。


「え、死体?」

「……残念ながら息がある」


 なんと息があるのか。

 ダメかもしれないけど、助けられるように努力はしてみよう。


「よくわからないけど……とりあえず水を吐き出させればいいのかな」


 小太りの水夫姿の男をひっくり返し、仰向けに寝かせる。

 そこでカデュウはその男の顔に覚えがある事に気付いた。


「……この人、どこかで見たような。……この太った身体と水夫服。少し前に見た……。まさか、あの時の海賊!?」


 ファナキアへ行く際中の定期船で遭遇した、何もかもが常識外れだったあの海賊、あの時に海に落ちて沈んだ者だ。

 確か、ハッチという名の……。


「まさかあの時落ちてからずっと海で漂っていたの……、しかも生きてるとか」


 するとカデュウが何かをするまでもなく、勝手に水を噴き出す。

 まだ目は覚まさないが、応急処置の必要性はなさそうに感じた。

 普通はした方が良いんだろうけど。


「とりあえず、村まで運んだほうがいいかな」

「……カデュウ、さらに2匹ゲット」


 イスマの指差す方向にぷかぷかと浮かぶ、2つの人間大の漂流物……。

 嫌な予感がした通り、あの時の海賊3人組の残りの人達であった。

 マンダム船長とウミル、という名前だったはずだ。


 ひとまず砂浜まで引っ張り上げて、仰向けに寝かせておく。


「3人も持って帰るのはちょっときついなあ……、じゃあ僕がここで見てるから、アイスは誰か呼んできてくれる?」

「ほいほーい。了解ですー」


 答えと同時に、アイスは素早い動きで反転し、すぐに見えなくなった。

 他の2人の口からも自動的に水が噴き出された。

 なんともまあ、生命力の強い生き物達だ。


「……ん」


 唐突にイスマが頭を突き出してきた。

 なんだろう。


「……なでるがよい」

「ああ、なるほど。君達ご褒美がこんなのでいいのかな。……うーん、パスタの方がいいんじゃないかな」


 とりあえずなでなで、と言われた通りにやっておく。

 さらさらと輝く栗色の髪が良い感触だ。


「……よろしかろー。パスタもくれくれ」


 ご満悦の表情で、パスタも要求してきた。

 やはりパスタは正しかった。




「近くにいた力持ちそうな人を、連れてきましたよー」


 思ったよりずっと早く、アイスが戻ってきた。

 後ろに、大きな見知らぬ何かを連れて。


「アイス。そちらはどちら様?」

「近くにいた力持ちそうな人ですー」


 いまいち要領を得ないアイスの答え。

 初対面となる大きな髭面の男は、無表情でカデュウの顔をじろじろと見出した。

 凄く怖い。


「こいつら、運ぶ、頼まれた」

「あ、はい。どちら様か存じませんが、よろしくお願いします」


 ついつい返事をしてしまったが、手伝って貰えるのなら助かる。

 でも一人しかいないのでは厳しいだろう、……と思っていたら3人まとめて肩に担いでしまった。

 物凄い力だ。何者なのだろう。

 詮索は置いて、その謎の髭のおじさんと共に村へと戻った。


 運んできた3人を食堂付近の休憩所に投げ……、置いて貰って、髭の大男にカデュウがお礼を伝える。


「どちら様かご存じありませんが、ありがとうございました」

「石、頼まれた、金クレヨコセ」


 独特の喋り方と共に、いつの間にか積まれていた大量の石を指差した。


「ああ、貴方が魔王さんが頼んだという……石材屋さんですか。重ね重ねありがとうございます。代金はいかほどになりますか?」

「金貨、50、枚」


 言われた通りの金額を支払う。

 思ったより大量に運ばれてきているので、相場としては恐らく安いぐらいだ。

 

「運んだ、あいつら、金クレヨコセ」


 さっきの運搬も金取るのか。

 顔に似合わず、なかなか細かいお方であった。


「金貨、5、枚」


 運搬たっか!

 とはいえ石材の方で安く見積もってもらっているのだ、気持ち良く払うべきであろう。


「はい、それではさらに5枚程……。手助けして頂きありがとうございました」


 金を受け取ると、不気味なまでに無表情だったその顔が、にっこりとほほ笑んだ。

 やっぱり不気味な事に変わりはなかったが。

 何しろ魔王の知り合いなのだ、変人なのは覚悟しておくべきだったろう。

 あれ、そういえば、ドワーフと言っていたような……。

 確かに髭面で物凄い筋肉質な体格ではあるけど、ドワーフ3人分ぐらいの大きさがある……。


 そのまま髭面のドワーフ? は北側へと帰っていった。

 無暗に強烈だったけど、これからご愛顧していく石材屋さんなのだ。




「さて、この海賊さん達、話通じるかな……」


 助けたはいいものの、わけのわからない事で暴れ出されたら困る。

 傭兵団の皆さんは狩りと探索に出かけているし、近くにいて戦えそうなのはアイスとノヴァド老ぐらいのものか。


「よし、パスタを作っておこう。お腹が空いて凶暴になっているかもしれないし、イスマも楽しみにしているから、パスタしかないね」


 そろそろ時刻も夕暮れだ、その意味でも食事の用意が先決であった。


「多めに作れる材料で、早めに作れて、まばらな帰還時刻に対応するパスタソース……。ソーセージのポモドーロで行こう」


 ポモドーロとは、トマトを煮込んで作るパスタソースの事だ。

 カデュウの故郷ル・マリアや南ミルディアスでは、定番の家庭料理である。

 茹でる為のお湯を沸かし、塩を入れる。若干しょっぱいぐらいがベストだ。


「トマトを潰して、塩入れて、ニンニクと一緒に煮込むっと。後はゆっくり煮込んでソース状にするだけ、実に簡単だね」


 簡単で美味しい、とても優れた料理なのだ。

 トマトは偉大なり。パスタも偉大なり。


「パスタを茹でて絡めるだけって状態にしておけば、いつでも美味しく食べれるよね。ソースと絡めながら作るものだと伸びちゃうけど」


 夕食に帰ってくる人は多いと思われるので、かなり多めに作っておいた。

 残ったら明日の朝にも食べれるという優れものだ。


 ……そもそも作り置き出来る料理の方が楽なのだけど。

 仕方がない、パスタが食べたかったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます