『心の家族』~懐かしさを感じた人に、心が響いたとき、~

作者 龍華

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全33話

更新

  1. 第1話 「あの頃の私なら、興味も、関心も、気持ちも、動かなかったと思う」 1
  2. 第2話 「私に探偵みたいなことはとても無理です」 2
  3. 第3話 「静かにひっそりと生きているように思えた」 3
  4. 第4話 「貯金が趣味の女だから」 4
  5. 第5話 「微妙に違和感を感じるの」 5
  6. 第6話 「私のことをなにひとつ知らないでしょ」 6
  7. 第7話 「愛嬌もくそもない子だよ」 7
  8. 第8話 「彼女が泣きながら帰宅する姿を見た」 8
  9. 第9話 「人を信じるというのは勇気と忍耐が必要ですからね」 9
  10. 第10話 「わたくしが持ち逃げしたならどうしますか」 10
  11. 第11話  「家族の定義とはなんですか」 11
  12. 第12話 「椎名先生はあえて「友人」と表現した。」 
  13. 第13話 「私のことをいろいろ嗅ぎ回っているようですね」
  14. 第14話 「憐憫《れんびん》は気休めにしかならないでしょ」
  15. 第15話 「私、人生を捨ててませんので」
  16. 第16話 「人はすんなりと幸せになってはいけないのでしょうか」 16
  17. 第17話 「孤独な人だと感じました」 17
  18. 第18話 「人は親しみになれてくると「我」というものを相手にぶつけることも」 18
  19. 第19話 「魂に安らぎを与えてくれた人です」 
  20. 第20話 「あらぬ推測が並べられる」
  21. 第21話 「私の存在自体が負の遺産になっている」
  22. 第22話 「他人の視線が怖くなりました」
  23. 第23話 「あんたかい、他人の過去をほじくり返しているっていうやからは。そんなことをして楽しいかい」
  24. 第24話 「うちの孫をたぶらかした女は、どんな子だい」
  25. 第25話 「あたしゃ知っているからね」
  26. 第26話 「お天道様に胸を張って生きられる生き方をしな。それが男気ってもんだ」
  27. 第27話 「良いも悪いもお前さんの人生だろ」
  28. 第28話 「うちの子を泣かすようなことだけはよしてくれよ」
  29. 第29話 「初対面の人にはちょっと刺激が強い人かもしれない」
  30. 第30話 「友達が生きる気力をなくして」
  31. 第31話 「ひとつ確認したいことがあります」
  32. 第32話 「そんなことを言われたのは初めてです」
  33. 第33話 「不器用ですから」