6 魔物召喚ゲーム(1)


 魔神世界から持ってきたカードゲームは、2種類だ。

 今日は、そのうちの魔物召喚型のゲームで遊ぶようだ。


 私は前世の記憶から、魔物を封印する方法について研究をしていた。

 魔物や悪魔、精霊、天使そして神まで封印できることは、雪ちゃんや魔神から聞いている。封印は私の特殊スキルで魔断の発展系だ。


 魔神世界の日本での戦いで悪魔を封印したことはある。ただ魔物については封印したことはなかったので、魔物の核である魔核を封印したらどうなるか試してみた。

 すると、魔核はなくなり小さな魔法陣ができたのである。

 魔核はなくなるので、ギルドで交換はできなくなるが魔神世界から持ってきたゲームで遊ぶにはちょうどいい大きさの魔法陣だ。


 魔法陣が作れたので、まだ試していないが大きな紙に魔法陣を書けば大きな魔物も呼び出せるのだろう。いずれ何かの機会に、小さな魔法陣から少しずつ大きくして試してみたいと思う。きっと何かの役に立つような気がしている。


 今日は私が封印した魔法陣を使って遊ぶようだ。

 この召喚魔法陣は、魔法カードよりプレーヤーの魔力が大きく左右する。

 魔力量やプレーヤーのスキルも反映されるのだ。


 例えば瑠璃であれば、召喚した魔物のスキルに加え、水のスキルが使えるようになる。したがって、魔物との相性も勝負を左右する。


 それでは実際のゲームを見てみよう。


 最初にあみだくじで、順番を決める。

 1.紅々李 2.碧衣 3.日葵 4.クロ 5.蓮月 6.ティアリ 7.美夜の順番だ。

 やはり紅々李は運がいいようだ。このようなくじ引きだと紅々李が一番を引き当てる。なぜか、美夜がとても悔しがっている。 


 今日は変則トーナメントにしている。一度負けるとおしまいで、勝ったものが次の者と試合をする。例えば1番対2番で1番が勝てば次に1番対3番の対戦になる。

 まずは1番の紅々李と2番の碧衣の対戦だ。


 公平性を期すために、魔物カードを裏側にして選ぶ。

 魔物はこれまで戦ってきた魔物の魔核なので、次のとおりだ。


・ひみかんぶりっこ:氷見の寒ブリが魔物化した魚、火のついた蜜柑を投げる。

・のどまっくろ:のどぐろが魔物化した魚、腹黒く何を考えているか分からない。

・白いAB:富山湾でとれる海老の魔物、白い身体を武器とし突き刺さる。

・大岡越前のかに:越前ガニの魔物、大きな鋏と刺青がある。

・鬼オン:玉ねぎの魔物、催涙ガスを発生する。

・とうビキニ:とうもろこしの魔物、ビキニを着て色仕掛けをする。

・イモ男爵:じゃがいもの魔物、毒の芽をもつ。

・コンブー:昆布の魔物、昆布巻にする。

・ヒグマン:ひぐまの魔物。火を吐く。胸についている白いブーメランを投げてくる。

・トードー:とどの魔物。ライフルで撃ってくる。

・北極くまさん:北極熊の魔物。ボクシングが得意。

・酒キング:鮭の魔物。お酒を飲み酔拳で闘う。

・タラバキング:タラバガニの魔物。大きな鋏とミサイルが武器。

・オヒョウキン:カレイが魔物化した魚。佐渡おけさやブレイクダンス、ロボットダンスが得意。


 まず、1番目の紅々李がカードを引く。魔物「鬼オン」だ。

 次に、2番目の碧衣がカードを引く。魔物「コンブー」だ。

 魔物コロシアムにそれぞれカードを持ち、相対してセットする。


 魔物には、それぞれの特技にプレーヤーのスキルが付加される。ただし、プレーヤーのスキルは補助的なレベルで特大な魔力を必要とするスキル(水龍、火龍など)は付加されない。なお、コロシアム内の魔物は、プレーヤーがカードに手を触れている限り、プレーヤーの意思で行動する。


 紅々李と碧衣が互いに見合って、叫ぶ!

「召喚!」


 コロシアム内に魔物が召喚された。

(ここからは、解説者風に試合を実況します)


「鬼オン」と「コンブー」がじりじりと右回転しながら互いを見合っているぞ。

 最初は様子見か!?

 鬼オンがクルクルっと回転し、コンブーに接近し、催涙ガスを発射したぁ。


 コンブーはどこに目があるのか分からないが、泣いているのか汗のようなものが滴り落ちているw。コンブーが身体をくねらせ、鬼オンを昆布巻にした!


 鬼オンは茶色い皮を脱皮しながら脱出、後ろに回転しながら逃げたぁ。

 続けざまにコンブーが碧衣の「フライ!」の掛け声で飛び上がったぁ。

 ヒラヒラと飛んで鬼オンを追いかける。鬼オンはコロシアムの壁に阻まれ逃げることができないでいるぞ。さぁどうする鬼オン!


 さらにコンブーが昆布巻にしようとした瞬間、鬼オンの頭がテカったぁ

 眩しく光り輝くとコンブーが干からびていく~。

 コンブーは力果てたようだ・・・・・・「勝者 鬼オ~ン」審判員のノブが叫ぶ。


 勝者紅々李は、頬を赤らめながらお酒を口に含み、ショウに口移しした。

 ショウもお酒のためなのか赤くなっている。


「あ~ぁ 負けちゃった。でも「フライ!」とか初めて使ったよ。コンブーのヒラヒラ見てたら飛べるような気がして、私ももしかしたらエルフのように羽なしで飛べるかも」

 碧衣も新しい技を発見したようだ。瓢箪から駒というのだろうか、思わぬ拾い物をした感じだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます