第Ⅲ期 北極星 ~Lip Magic Generations~ 

第1章 南アフリカ編

第1章 南アフリカ


「青天白日、一騎当千、快刀乱麻、ショウが率いる我ら 

 Lip Magic Generations!」


「花吹雪!」    蓮月と碧衣が諸声を上げると、花弁が舞い上がる。

「ワルキューレ!」 クロが周りを パンパンパン! と爆発させる。

「サンセット!」  紅々李が手を広げ、周りを朱色に染める。


 昼夜逆転のベルを蓮月が高らかに鳴らす。

 刹那、辺りは暗闇と静寂に包まれた。


「月光!」 蓮月が一人ひとりスポットライトで照らし出し、

 それぞれ、華麗にポーズを決め、


「日葵です!」

「紅々李です!」

「クロにゃ!」

「碧衣よ!」

「瑠璃よ!」

「蓮月で~す!」

「美夜だ!」

「ショウです。よろしく!」


 と自己紹介し、紅々李が「フラッシュライト」で私を照らす。


「我らショウと夏の立花 8人衆 Lip Magic Generations!」 


「略してL・M・G~」といいながら、美夜は炎炎へ、日葵は雷雷に飛び乗り、


「炎幕!」 と美夜が私を燃え上がる炎で包み、

「雷!」  私に向かって、日葵が激しい光とともに雷を落とす。


 そして皆で私を指さし、私は黒くなりピッと指を上げる。


 最後に瑠璃と碧衣が羽で飛び上がり、

「ゲリラ豪雨!」 で、ずぶ濡れにして煤けた身体を洗い流し、碧衣の 

「旋風!」 で乾かされる。

 最後に紅々李が私に

「ホーリー!」して暖かい光に包まれ私は癒される。


 8月5日

 Lip Magic Generationsは、剣神世界に帰ってきていた。


 エルフが声もなく笑い転げている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます