18 魔神


「みんな、今日まで調査に協力してくれてありがとう。

 みんな、スキルがいろいろ使えるようになってきたから、これからの闘いを有利にするためにも覚えておいたほうがいい」

私は、皆のスキルについて細かく説明していった。


――☆★☆――

 

「みんなのスキルは、今までと比べ物にならないくらい進化している。

 共通点は、イメージしたものを「言葉」にし具現化する。

 言葉にしなくても具現化できるが、言葉にしたほうが形になりやすいと思う」

次に自分ができることを話しておかないといけない。


「俺がメンバーのスキルで今のところ真似できるのは

 ・碧衣の 風花、春一番、天つ風、颪、旋風、音無

 ・瑠璃の 水、五月雨、時雨、水壁、霞、吸収

 ・紅々李の ヒール、ホーリー      

 ・クロの 漆黒、黒霧 

 ・美夜の ホット、炎火、華燭、円炎

 ・蓮月の 月光の矢、花道、

 ・日葵の 稲妻、雷

          ぐらいだ。

 未来視もできるけど、碧衣のように未来を見ながら戦うことはできない。

 実践ではほとんど役に立たないだろう。

 蓮月の「植物との会話」も聞くことはできるが、命令はできない。 

 それ以外のみんなのスキルは、魔力の負荷が大きく、もしできたとしても時間がもたない。

 また、イメージがしにくいスキル(ワルキューレなど)も具現化しにくい」


 やはり精霊の力は大きい。

 どれもすごいスキルだけど、敵にとってはクロのスキルが一番嫌な気がする。

 どちらかというと、悪魔的なスキルだ。

 もしかしたらサキュバスの生まれ変わりだったりして……


 イメージとして作り上げれば他のスキルもみんな作れるかも知れない。

 連携技もできそうだが、これから試していこう。


「みんな、分かったかな」

「は~い」

「それから、私が作った刀や槍、薙刀、手裏剣には魔力伝導性を持たせているから、みんなのできるスキルを刀などに纏わせて闘える。各自、何ができるか試して欲しい」

「うん。でも最大の奥義とかって、精霊の力借りても、結構大変だし、いまいち使いどころが分からないな」と碧衣らがいう。


「うん。ここ一番ってときに使うようにしよう。

 できるだけオレが指示したいと思う。いいかな?」

「うん。任せる」


――よし、まずは京都に行くか。


――★☪★――


「京都に行くぞ! ? ハクビ? どうした?」

ハクビが急にトランス状態になった。硬直し、言葉を紡ぎ始めた。


「儂が分かるか? ショウ 」

「この世界の創造神。魔神様ですね」…… 皆が驚く。

 後ろでゴニョゴニョ話している。


「思い出したか、ショウ」

「はい。まだ朧気おぼろげですが。 あの時は申し訳ありませんでした」

「お前ばかりを責められん。どちらかというとビィーナスが悪い。

 お前を争って、取り込もうとしたのだからな。 

 お前に日本を任せていた時は、こんなに荒廃しなかったんだがな。 

 今では魔核マスターと魔物の住みかとなっておる。

 それでお前の娘のハクビに来てもらったんだが、なにせまだ若い」


後ろの方で、ゴニョゴニョと

「ショウってこの世界の神とか神使だったのかな?」

「日本収めてたとか言ってるよ」

「ビィーナスってあのビィーナス?」

「女神の中の女神だよね~」

「ショウはすごかったにゃん」とか話してる。


「ハクビに協力して、日本を救って欲しい」と魔神(創造神)がハクビに言わせてる。

「日本はどうなってしまったんですか?」


また後ろでゴニョゴニョと

「創造神と対等に話してるよ」

「すごいねー」

「自分でやればいいのにね」

「楽しようとしてる」

――オイオイ物騒なこと話すな。


「お前が女神達をまとめている頃は、安定しておったんじゃがな。

 儂が怒って、お前を龍神世界に追放してから荒れ始めおった。

 今では魔核を持ったマスターやら魔物が闊歩しておるわ」

「今の私では力不足です。昔のようにはいきません」


またゴニョゴニョと

「ショウだけだと厳しいよね」

「うちが人肌脱ぐにゃん」

「どこで脱ぐの?」

「どこでも脱ぐにゃん」

って脱線してるぞお前たち。


「お前には、 Lip Magic Generations がおるではないか。

 お前たちが協力して闘えば、たぶん勝てる相手だろう。

 儂はただ傍観するしかない……

 干渉できるのは、こうやって天使や神使を使って話をするくらいじゃ。

 もし、日本を救ってくれたなら、儂ができる範囲でじゃが、お主達の望みを1つ叶えよう」


「少し、時間をください。皆と相談します」


「望み叶える。ってさ」

「どうする~」

「たぶん、勝てるとか、曖昧だね」

「創造神に貸しを作っておくのもいいかな」

「そうだにゃ。この世界の法則変えるにゃ」

「「R15とR18の壁」壊してもらうか?」

「それは創造神様でもできない範囲だと思うぞ」

「でも、別世界とはいえ、うちらの生まれ故郷だよ」

「日本を救うとかかっこいいにゃ」

「分かった。OKということでいいか」

「いいよ~」

「OKさー」

「なんとかなるよ」

「がんばってみます」


――◆□◆――


「分かりました。我々にやれるだけのことはしてみます。

 この日本に蔓っている主な魔核マスターや魔物と勢力範囲を教えてもらえますか」

「分かった。ハクビに聞くがよい。ハクビの頭に転送した」


「話は変わりますが、ビーナスはどうなったんですか?」

「お前と一線を越えてからの話じゃな。5000年前は「R15とかR18」とかなかったからのう。 「一線を越える」とか変な表現じゃ。 

 普通「一線」というのは「けじめ」のことをいうもんじゃ。

 「けじめ」を越えるとか意味がわからん。

 そんなことはどうでもよいの。

 ビーナスはあの後、儂が堕天使にして下界に落とした。

 それでもやはりビーナスの力はすごいのう。

 たちまち男神を虜にしての。

 2000年後には女神に復活しおったわ。会ってみたいか?」


「いえいえ。遠慮しておきます。また飛ばされたくありません」

「ハハハ。いろいろあってすぐには会えないがな。では、よろしく頼むぞ」


ハクビがハッと我に帰る。

「まったく、魔神様はいつも突然乗り移るんだから。神使使いが荒くて困ります」

「お父様、申し訳ありません。今の日本はとても荒れています。

 私の力だけでは日本を清浄化するのは難しいでしょう。

 Lip Magic Generations の力を貸してくださいませんか」


「皆と話し合って、そう決めたから安心しな、ハクビ。さて、どこから始める?」


「先ほど、魔神様から魔物の勢力範囲をインプットされました。

 まずは北のほうから始めたほうが良さそうです。

 日本はこれから暑くなっていきます。

 北には真冬に強くなる魔物がいるようなので、真冬に突入する前に倒しておくべきです」


「分かった。それでは北海道に飛ぶことにしよう」


--------------------------------------------------------------

ショウのスキル: 精霊なし


 魔断: 魔物などが魔力や霊力で発生させたものを切る又は消失させることができる。

 反射: 魔物などが魔力や霊力で発生させたものを相手にそのまま返すことができる。

 身体強化: 自身の身体を強化する。鎧を着ているのと同じ効果。

 鑑別 : 成分を調べることができる。

 Lip majic : キスをすると相手の能力を真似できる

  (相手の制限有り。また、全て真似できるわけではない)。 

  また、特定の相手の皮膚にキスすることで、自分の能力を相手に一時的に付与できる。


 ついでに、ハクビは以下の3つだ。

 「狐火」:神の力を借りた神聖な青い炎

 「透明化」:透明になることができる。

 「魔断」:ショウと同じ

  実は狐火と透明化は紳使としての固有スキル

  ハクビはトレースしてもう2つのスキルを真似できる。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます