11 エルフの長老


 今日はエルフの長老に謁見する。


 エルフは他の種族とは別格で、この世界では国の王様よりの偉い存在だそうだ。

 エルフの長老ともなれば、神様と同じ感覚なのかもしれない。

 ライトを見てると、あまり実感が湧かないな……


 世界樹の根元にある祠に通された。

 別に門番がいるわけでもなく、エルフが普通に行き来している。

 ちょっと変わったものが来たなと、興味深そうに見てはいるが……


――♠♠♠――


 齢900才は越えるというエルフの長老は、祠の奥にいた。

 長老は蔦が絡まる椅子に腰かけており、今にも周りの景色に同化しそうである。

 長老が念波で話しかけてくる。

「わしは、エルフの長をやっておるラビじゃ。自己紹介してみい(念波)」

「はい。私はショ・「そっちじゃない! 皆でやるやつじゃ!(念波)」


 美夜がズイッと前へ出て、「わかったわ。とくとご覧あれ!」

 美夜が口上を述べる。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花、われらショウと乙女7人衆

「Lip Magic Generations」よ」

「略してL・M・G~」

 と言って炎が私の後ろで燃え上がり、雷に打たれた後、ピッとポーズをとる。(私はまた黒くすす焼けた。)


 長老が目を点にしている。赤くなってきた。

 苦しそうにして椅子から転げ落ちた。ライトが素早く駆け寄る。

「だ、大丈夫ですか? ラビさま(念波)」

「こ・殺す気か! だ・駄目じゃ! ・・く・苦しい・・(念波)」

 面白いとは思うが、そこまでかなぁ?

 周りを見ると、他のエルフ達も声もなく悶え苦しんで転げまわっている。


 声出せないからなぁ……苦しんでるのか、笑っているのかよく分からん。

 美夜が「感激されたようで、何よりです」と頭を下げた。

 まぁ確かに感激しているようにも見える。……でも、違うぞ美夜よ。

 ラビが杖でなんとか立ち上がり

「たいへん素晴らしいものを見せてもらった。プっ。 おぬしらの話だけは聞こうではないか。ププッ(念波)」

 まだ引きずってるようだ。


「ラビ様。私には前前世の娘がおりまして、その娘がラビ様と話したいそうです」

「ホー。娘とな。ここにはおぬようじゃが、どの様にして話す? プププ(念波)」


 私は娘のヨウビに念波を送ってみる。

「ヨウビ。エルフの長老のところまで来たぞ。どうやって話すんだ?(念波)」

「お父様。さすがです。そのエルフと手を結んでください。キスしろとは言いませんよ(念波)」

「さすがに、あのご老体とキスは勘弁してくれ。手をつなぐだけでいいんだな(念波)」

「はい。お父様。でも、キスしたら、スキル貰えたかも? ……冗談です。フフ(念波)」

 きつい冗談だ。


「ラビ様。手を結ぶだけでいいそうです。手を結んでもらえますか?」

「そうか。なんなら熱いベーゼでもいいぞ。ププ(念波)」

「いえいえ。勿体ない。手を結ぶだけでいいです」

 ヨウビとの会話聞いてたんじゃないのか? と、疑いたくなる。


 私はラビ様の近くに行き、手を差し伸べた。ラビはその手を座ったままで握り目を閉じた。

 私も目を瞑ると、頭の中にヨウビが出てきた。


「ラビ様初めまして。私は神使の妖尾(ヨウビ)と申します。

 実は私の妹の白尾(ハクビ)も神使として魔神世界に行ったのですが、魔神世界で何者かに囚われております。父上を魔神世界へ導いていただきたいのです」

「そうか。神使の頼みか。聞いてやらぬわけにもいかぬのう。それで、ショウだけを送ればいいのか?」

「できれば全員です。父上だけでは心もとありません」

 おいおいヨウビ。 ……確かにそうだが。


「あの空を飛んどる炎駒もか?」

「できれば、お願いします」

「少し、試験をさせてもらうぞ。それに合格したら人神世界以外は行き来できるようにしてやろう」

「ラビ様ありがとうございます。父上なら合格できると思います。よろしくお願いいたします」


 って、ここに来てテストとか。……大丈夫かな?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます