1 ギルド登録

 冒険者ギルドは簡単にいうと、冒険者のための組織である。

 主として魔物退治を目的に冒険者を集め、次のようなことをしている。


 ①仕事の斡旋

 ②魔核やアイテムなどの購入と販売

 ③冒険者の治療及び教育と育成

 ④冒険者の情報収集と捜索

 ⑤その他、冒険者に関係する業務 などである。


 その他の業務は、例えば宿泊所を紹介したり、荷物を預かったり、冒険者の死亡確認と家族への連絡、冒険者資格の剥奪、冒険者に関する苦情処理などだ。

 つまりここに書かれていない冒険者のことは何でもする。

 世界各国(比較的小規模な国は兼用する)に支部があり、1支部にギルド職員100人くらいいる。

 世界各国の支部は規模の大小はあれ、似たような作りになっている。本部はスイスにあり、景観を壊さないようにマッターホルンの地下にある。


 ギルド長または要職には、親兄弟、親戚が多い。

 それは、情報の連絡を念波により世界中で行うため、血縁関係者が多くなる。

 なお、ギルド職員も冒険者として登録されており、子供制度は適用されないため、何人子供を作ってもいいこともあり、子供が適齢期になれば各支部に配属されている。


 日本支部は、富士山の麓にある。それは、日本最大の魔窟が近くに有るためである。富士五湖の中心部にあり、3階建ての和式の建物だ。

 日本支部の傍には、富士魔物パークや世界最大の高低差の蒸気フライコースター、高速回転コーヒーカップなどがある富士お遊戯ランド、富士温泉保養ランドなどの遊戯施設がある。

 冒険者だけでなく、一般人も遊びに来ている。


 また、冒険者の性欲の捌け口として、「吉原」もある。ここは年齢制限はあるが男女問わない。男性には女性を。女性には男性を。同性が良ければ同性を充てがう。また、賭場や居酒屋などもあり、夜の街は盛況だ。

 とにかく、冒険者を満足させることが、ギルドには求められる。慈善事業ではない、綺麗事だけでは済まないのだ。


―― ◆ ◆ ◇ ――


 私たち「 Lip Magic Generations 」はギルドの日本支部に来た。

 ギルド会館の門を開け、中に入ると、銀行のような受付嬢が並んでいる。

 立て看板が有り、

 入ってすぐに「受付案内」、

 少し奥に左から「総合受付」、「仕事斡旋」、「買取」が5箇所、「鑑定」が5箇所、「その他の案内」があり、仕事斡旋案内の脇には、大きな掲示板があった。

 案内口の他には、中央の受付を挟んで、右奥に託児所、左奥に鍛冶場がある。


 15歳(瑠璃は10歳)で卒業してきたばかりで、我々の見た目はとても若い。

「受付案内」の女性職員から声をかけられた。

「今日は何を見学に来たの?」

 私の顔立ちは幼いし、とても冒険者には見えないのだろう。


「いえ、見学でなく、冒険者として登録に来たんですが、年齢制限とかありますか?」

「そうですか。すみませんでした。年齢制限はありませんよ。畑仕事や郵便配達なんて仕事もありますから大丈夫ですよ。受付はこちらです」と案内された。

 ――年齢制限はないのか。だったら、学生にうちに入っても良かったな。


 入会受付に行き、

「冒険者になりたいんですが、申込書はありますか?」

「はい。こちらにご記入ください。チームで申し込む場合は、リーダーを決めて一番上にご記入ください。最後にチーム名があれば、ここに記入してください。」

 名前、年齢、住所をそれぞれ記入していく。

 チーム名はもちろん、「 Lip Magic Generations 」だ。


「記入されましたら、こちらの注意事項をお読みください。ご同意いただければ、申込書と年会費をいただきます。

 F級の年会費は、1人12万円です。前払いでお願いします」

 1人12万円で8人分なので、96万円を支払い、ギルド会員になることを申し込んだ。


 各自写真撮影を行い、待つこと1時間。写真付きのギルド会員証が発行された。

 会員証はパスポートのようになっており、

『職業:冒険者、級:F級、氏名、国籍、剣神歴5030年9月1日』が記載されていた。


 これで我々も正式にギルド会員だ。

 会費は前払い制で、払えなくなると自動的に解雇だ。ただし、長時間かかる魔窟の探検など特別な理由があれば、解雇を撤回することができる。

 また、FからDまでは、その級になってから3年で昇格しないと解雇される。

 C級以上は会費を払えばその級に在籍を認められるが、一度辞めると入会できない。なお、兼業(冒険者と鍛冶師など)もできる。

 ちなみにS級になると会費無料で永久会員になれる。

 年会費は、階級が上がる毎に倍になる。E級で24万円~A級では384万円だ。


 冒険者は、ギルド会館の別棟の宿泊所に、通常宿泊料の30%で泊ることができるが、級によってグレードが違う。

 F級だと、雑魚寝。

 E級で3人部屋。

 D級で2人部屋。

 C級でやっと個室だ。

 そこからは、広さ、食事の内容が変わってくる。

 S級は無料な上にスイートルームだ。

 通常料金を払えば上のクラスにも泊まれるが、C級の個室は1泊約1万円する。

 なお、この宿泊所は遊技場などに来る一般客も泊まっている。


 ◆ ◇ ◆


 登録が終わると、受付のお姉さんから、簡単にギルド内を案内された。

 1階はさっき見渡した通りで、ロビーの中央から階段を上がると、2階は医療施設、3階は会議室や研修室、研究室があった。

 これらの施設は、下にある託児所や鍛冶場も含めて、冒険者であれば自由に使っていいそうだ。


 3階と1階にある施設の必要経費は自己負担だ。

 2階の医療施設は、冒険者であれば無料で治療を行ってくれるが、ここの経費は、年会費から支出されている。医療施設の職員は、外科医や内科医、薬師、看護師などがいる。医師は病気の診断と手技による治療、薬師は薬の調合と毒や呪いの解除、看護師はヒーラーが多く、能力が高いものほど階級が高い。

 その他ヒーラーの能力の無い看護助手、検査技師、衛生士などがいる。


 1階に戻り、掲示板を見ると、S~Fまでそれぞれに受けることのできる仕事がメモで張り出されている。

 各級への昇格は、FからE級への場合、

 F難度(1~9ポイント)の仕事を1人につき100ポイント完遂させると達成だ。

 F級の人が、D難度(10~19ポイント)やC難度(20~39ポイント)の仕事を行って完遂させても達成できる。つまり、F級の人は高難度の仕事を完遂させれば、短い期間で昇格できる。ただし、F級の人が行える仕事は2段階上までで、それ以上は受けることはできない。


 魔窟などに入って、魔物を倒しポイントを得た場合も昇格できる。それも魔物の種類によって、級分けされているが、魔物との遭遇はこちらで選べるわけではない。

 そのため、魔物を倒したときに得られる魔核を鑑別してもらい、魔核の質や大きさなどにより、どのくらいの魔物を倒したのか判断され、鑑別されたときにそのままポイントされるようになっている。

 これもチームであれば人数割りだ。

 鑑別後、ギルドに販売するか、鍛冶場にもっていって加工するか鑑別案内で選択する。冒険者には鑑別した魔核やアイテムは返品されず、鑑別者が直接、買取案内窓口まで持っていくか、鍛冶場にいる鍛冶師に持っていく。


 ギルドではないところで、鑑別しないで魔核をギルド以外に販売しても良いが、その場合ポイントにはならない。ただ中には実力がないため、魔核を購入または窃盗し鑑定に持ち込む者もいる。ギルドは、それはそれで良いとしている。

 ギルドは裏相場より安い値段で買うだけだし、泥棒も立派な家業なのだから、この世界ではどちらかというと盗まれる方が悪いのである。


 ◆ ◇ ◆


 クロたちは遊技場で遊ぼうといったが、私は鍛冶場が気になったのでひとりで鍛冶場に行くことにした。鍜治場は、魔窟などで収集した魔核やアイテムを加工したり、刀剣や防具を作ることができる。また、傷んだ刀剣や防具を修理する場所だ。

 冒険者であれば無料で使用することができる。

 工賃はかかるが熟年の鍛冶師もおり修理や作成を依頼できる。工賃は、冒険者と鍛冶師が相談して決める。


 トン テン カン!  トン テン カン! ……


 ここの鍛冶場も実家と同じく、刀を叩く音が鳴り響いている。

 私が鍛冶場をうろうろして見学していると、「立花家」の紋章を見つけた。

 近くに寄っていくと、

「なんだぼうず、見学か? 危ないから離れて見ていろよ」と言われた。

 私が立花正宗の息子だと話すと、目を細め、ニカッと笑った。


「なんだ、そうか! わしは政宗の親、お前のお爺さんだな。立花家に弟子入りして、正宗とは同僚の『小十郎』だ。鍛冶の修行にでも来たか? ただで教えてやるぞ」と言われた。

 ここの鍛冶師は、腕は相当いいのだが、相場の130%の工賃だ。

 相場以下の工賃だと裏取引で買い取った魔核やアイテムをポイントにした後、ギルドに売却せずに鍛冶屋に回される可能性があるからだ。

(鑑定後の魔核やアイテムは、ギルドでの買取か鍛冶の2択しかない。)


 ちなみに130%のうち、20%の工賃はギルドの場所代となり、鍛冶師の取り分は110%になる。

 私はその鍛冶師に、父にもらった師範の証を見せた。

「さすが正宗の息子だな。前世も鍛冶師だったのか?」

「いいえ違いますよ。小さい頃から父の作業見てましたから。私は冒険者になりました」

「そうか。その若さで師範とか、わしはてっきりわしの師匠の生まれ変わりかと思ったぞ。まぁこれも何かの縁じゃ。魔物のアイテムでも拾ったら、今度一緒に作ってみんか?」と誘われた。

「分かりました。今度よろしくお願いします」と握手して別れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます