堕天使転生 ~Lip Magic Generations~

すふぃんくす のーば

Prologue


 数万年前



 太古の地球。


 そこには有象無象の魔物がいた。




 神などいない。


 悪魔などいない。


 龍も、獣も、人間の祖先も、宇宙から飛来した生物さえ全て魔物である。





 その中から、4つの秀でるものが生まれた。


 力に秀でる龍王。


 魔力に秀でる魔王。


 剣に秀でる剣王。


 知力と忘却に秀でる人王。




 ――◇◇◇ ――




 何千年もかけ、似たものが集まっていく。


 しかし、それに相反するものも集まっていく。





 4つの王たちは、自分そしてそれに従属するものを神又は天使と呼んだ。


 そして相反するものを悪魔と。




 やがて、神と悪魔は2つの勢力となり戦争を始める。




 その戦は何千年もまた続く――



 ――◆◇◆ ――



 だが、それに疑念を抱く者、またはどこにも従属せず中立の立場をとる者が出てくる。


 やがて神や悪魔に従っていた者の中から疑念を持つ第3の勢力が、時間をかけ集まりつつあった。




 ――◆◆◆ ――




 さらに千年を過ぎた現在から約6千年前、




 龍神、魔神、剣神、人神連合と、


 サタン率いるマモン、ムルムル連合、


 そして、そこに第三の勢力、ルシファー・ショウが率いるヴィーナス、サキュバス、サマエルの連合が月の裏で相まみえた。




 勝利したのは龍神、魔神、剣神、人神連合




 サタン連合は地球の地の底に逃げ延びた。


 ルシファー連合は堕天使として神の管理下に置かれた。




 このとき終始一貫して中立を守ったのはエルフであった。




 4つの神は、彼らの力を合わせることで、膜宇宙を通し四次元空間を生み出し、世界線の移動を可能とした。


 見つけた世界線は4つで、それぞれが1つの世界線の地球を創造していくこととしたのである。




 5千年前、一度は天使に戻ったルシファー・ショウだったが――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます