初恋行方不明

作者

すべてのエピソードへの応援コメント

  • missing3.探すへのコメント

    物語の方にも近況ノートの方にもたくさんのコメントをありがとうございました。
    そうですよね、こういうのが小説ですよね。間違いなく背景があり、物語の世界観と状況がよく伝わってきます。
    比べれば私のなんて中身があってないようなもので、とても小説として出すわけにはいかないものですよね。
    会話のキャッチボールなんて過剰にある必要がありませんね。そういうのが好きだと思っている私は、もう小説作りは向いていないかもしれません。

    あれから1日かけて考えました。結論を出したので、もしよければ近況ノートをご覧いただけるとうれしいです。

    自分の実力のなさを痛感したことから短編を非公開にしたので、自主企画への再参加はできません、すいません。

    作者からの返信

    いえ、コメントを送りすぎたのではないかと心配です。

    これが小説、なのでしょうか。
    私がしっかり物語を書き始めたのは最近で、小説家の方々に比べれば小説になっているかすら分かりません。

    会話のキャッチボールの中に、何が起きているのか、台詞の言い訳が出来ているのか、ポイントを押さえればキャッチボールはとても楽しいものになる……と、私は思っています。

    帝王様が考えた事ならば、もう何も言いません。
    近況ノートにも書きましたが、もう何をすれば良いのかが分からないのです。
    どうすれば良かったのか、この答えは出てきません。

    自主企画への参加は出来ないという事でしたが、近況ノートの読んだ小説リストには作品名・作家名を残しても良いですか?
    だって、間違いなく参加作品ですし、私自身も小説の書き方や雰囲気を学べたうちの小説ですので。

    2019年5月9日 19:01

  • missing1.俺の初恋へのコメント

    同じ出来事・現象を複数の視点から描く物語は好きです。


    なお細かい部分ですが、非常に個人的な感覚だと思いますが、気になった部分が一つ。

    >佐藤 一郎さとう いちろうという名前の屑。
    >彼女……佐伯 葉波さえき はなみが好きで、好きで、好きだったこの8年。

    姓と名を離すのは、よくある書き方なのでしょうが……。姓と名の間に崖のような断絶があるのに、対照的に「一郎さとう」「葉波さえき」とくっついてしまうのは、パッと見てわかりにくい印象でした。もしかしたら、視覚的印象でマイナスに感じる読者もいるかもしれないので、勿体無いと思います。


    (以下は、返信を読んだ後で書き加えた部分です)

    ルビがそのまま残った、ということでしょうか。
    ならば、なろうの原稿(もし保存してなければ、なろうの方で編集画面で開いて、そこからコピペしたもの)をカクヨムの編集画面(原稿作成画面)に貼り付ければ、便利なはずです。
    ルビに関しては『編集サイドバー』を開いて、さらに左上二番目の『ツール』をクリックすると『ルビの変換』というスグレモノが出てきます。
    なろうの()表記のルビが、全てカクヨム式で《》に変わってくれる、という便利ツールです。私も短編の引っ越しをしていた頃は『ツール』という項目に気づかず、ワープロ内で一括変換していたのですが、それではルビと無関係な()まで変換されてしまう。その点、カクヨムの『ルビの変換』ならば、ルビの部分だけ変換されるので便利です。長編の引っ越し前に気づいて、助かりました。
    ……もしも「その機能ならば知ってるんだが」ということであれば、見当はずれの加筆ということで、笑って読み流してください。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    ……あっ。
    実は、この《初恋行方不明》は小説家になろうで投稿している連載でして、コピペしてカクヨムで投稿するとこうなってしまうのです。
    そして私は、それをすっかり忘れていました(カクヨム放置気味だったもので。
    早急に改稿します!

    気づいた事を教えてくださり、ありがとうございました。


    (書き加え部分への返信です)

    わざわざありがとうございます。
    しっかり説明すれば良かったのかもしれませんが、ただ機能の存在を忘れていただけで機能は使えます。
    しかし、コピペで起きる読みにくい現象の存在をすっかり忘れていて……苦笑
    そもそもこの企画を始めたのは、私がカクヨムでやっていける自信が無くなりそうだったからなんて理由で。。。
    ええ、機能をど忘れする程放置してしまったのです。

    笑って読み流しはしません、私みたいな凡ミス野郎に丁寧に教えてくれてありがとうございました。

    2019年5月3日 16:36 編集済