第18話・黒く焼けた左腕

「…………え!?」


 リンは、いつの間にかテラスにいた。

 レイジ、リリカ、セエレ、アルシェ、アンジェリカ姫が驚いている。


「リン? おいお前、なんでここに?」

「……」


 わかるわけがなかった。

 リンは自室で旅の支度をしていた。それなのに……声が聞こえたと思ったら、テラスにいた。

 自室には、間違いなく1人だった。誰もいなかったし、入れた覚えもない。

 それなのに聞こえた声……。


「…………まさか」


 リンは、上空に佇む祝福の女神フリアエを見た。

 フリアエは、リンを見て優しく微笑む……同性なのに、心がときめくような笑みだった。

 だが、リンは冷や汗が止まらない。


「……」

「おいリン、おーい?」

「……へんなリン」

「申し訳ないが、用がないなら去ってくれ。ここはリンがいる場所じゃないよ」

「リンさん?」


 何故だろう、あの笑顔を見ていると……寒気が止まらない。

 まるで、得体の知れないバケモノを見ているような。

 すると、女神フリアエは笑った。


『ようやく、五本の聖剣が揃いましたね』


 レイジ、リン、リリカ、セエレ、アルシェの手に、それぞれのギフトの象徴である『剣』が現れる。

 祝福の聖剣は、淡く美しい光を放っていた。

 レイジの『神剣グラディウス』は黄金、リンの『斬滅』は白銀、リリカの『鬼太刀』は真紅、セエレの『雷切』は紫電、アルシェの『壊刃』は青海に輝いた。


「おぉ……すっっげぇぇ!!」

「きれー……」

「これは、女神様の祝福……?」

「美しい……」


 レイジはゲラゲラ笑い、リリカは見とれ、セエレは驚愕し、アルシェは魅入る。

 リンは、不吉な予感が拭えなくなり、思わず剣から手を離してしまう。

 『斬滅』の太刀は床に転がり、それを見たレイジは咎めた。


「おいリン、なにやってんだよ!! 聖剣を落とすなんて罰当たりだぞ!!」

「え、あ……」


 ゾワリと、奇妙な視線がリンを貫く。

 ゆっくりと顔を上げると、女神フリアエがリンを見ていた。


『どうしたの?』

「あ……う」

『剣を取りなさい』

「ひ……」


 なぜ、自分はこんな恐怖を感じているのだろうか。

 なぜ、目の前の女神がバケモノに見えるのだろうか。

 なぜ、レイジたちは違和感を感じないのだろうか。


『どうしたの?』

「う……」


 リンは、ゆっくりと後ずさり始めた。

 ここにいてはいけない。本能が、そう感じていた。

 咎めるような視線で見るレイジたちはどうでもいい。ここから逃げなくては……。


『ああ……貴女、怯えているのね?』


 祝福の女神フリアエは、ゆっくりと降りてきた。

 そして、未だ興奮が冷めない国民を背に、レイジたちからほんの数メートルの位置で浮遊する。


『怖いのなら、もう戦わなくていいわ。怯えなくていい、もう貴女に力は必要ない。貴女は、普通の少女になりなさい』

「え……」


 すると、床に転がっていた『斬滅』がゆっくり浮き、グニャグニャと形を変えて小さな銀の玉になる。

 そしてその玉はフヨフヨと浮き、アンジェリカの元へ。


「え、あ、あの」

『勇者レイジの伴侶。この剣は貴女に相応しい』

「え……きゃぁっ!?」


 銀の玉は、アンジェリカの体内に吸収され、アンジェリカの前に一本の太刀が現れた。

 まぎれもなくそれは、リンが愛用した『斬滅』であった。


「う、うそ。わ、わたくしが……」

「マジか!! おっほほ、アンジェリカがリンの剣を!? すっげぇ!!」


 レイジは興奮し、リリカたちはアンジェリカを抱きしめる。

 一方のリンは、剣よりも目の前の女神に怯えていた。


「…………」


 間違いない。

 この女神は、味方ではないと。

 敵ではないが、味方ではない。

 

 関わってはいけない、本能で理解した。


 ◇◇◇◇◇◇

 

【ライト視点】


 ◇◇◇◇◇◇


「はぁ、はぁ、はぁ……うっ、っぐ……」


 炭化した左手が、燃えるように熱かった。

 本当に燃えてしまったのかもしれない。何度も嘔吐し、めまいで倒れてしまった。

 こんな状態なのに誰も来ない。誰もいない。


「う、ぅぅぅ……」


 右手は動く、足は動く……左手だけがダメだ。

 助けを呼ばないと、死んでしまう……。


「っくぉ、うぅぅ……」


 なんとか這いずることはできる。

 右手で床を掴み、ほとんど感覚のない左腕を動かす、すると腕は動くが焼けるような熱さと痺れが全身を蝕む。


「いっづ……ちぎしょう、なんあだよごれ……!!」


 あまりの痛みに涙が出た。

 ワケが分からない。なんで俺がこんな目に遭わなきゃいけないんだ。

 なんとか鉄格子まで這いずり、力を込めて立ち上がる。

 格子を両手で掴み助けを呼ぼうとして───────。


「た、たずけ、っっうわ!?」


 左手で掴んだ鉄格子が、溶けて砕けてしまった。

 ジュワァァッ……と音を立て、格子からブスブスと黒い煙まで出ている。


「なん、だよ……もう、何なんだよ!!」


 こんな、得体の知れない黒い腕が、俺の《ギフト》なのか?

 俺のギフトは装備系、武器を生み出すんじゃなかったのか?

 レグルスやウィネみたいな、肉体変化系なのか?


 頭の中が混乱する。

 痛みとめまいで頭が燃えそうだ。

 

「とう、さん……かあ、さん」


 帰りたい。家に帰りたい……。

 ああそうだ、家に帰ろう。

 父さんは騎士の装備倉庫かな、こんな時でも仕事をしてるのだろうか?

 母さんは……帰って顔を見たいな。


「帰ろう、家に……」


 もう、騎士なんてどうでもいい。

 リンとの約束なんて、どうでもいい。

 家に帰って……ゆっくり寝たい。


「かえ、ろう……」


 俺は立ち上がる。

 帰るために………。


 家に、帰るために………。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます