第17話・リンの準備

 心臓が、止まったのかと思った。


「うっ……ぐ、あがぁぁっ!?」


 ぞわぞわぞわぞわ、ぞわぞわぞわぞわ。

 蟲が這うような得体の知れない感覚。怖気が全身を埋め尽くし、見えないナニカが俺の中をグチャグチャグチャグチャにしていく。

 

「あぁ、あぁぁ……うっぷ、ぐげぇえぇぇっ!!」


 嘔吐した。

 涙が出た。悲しくないのに、勝手にこぼれた。

 そして、気が付いてしまった。


「……………………え」


 俺の左手が、炭のように炭化していた。

 指先が真っ黒になり、手のひらが、手首が、黒いナニカに侵食されていく。


「あ、あぁぁぁぁ……なんだ、これ」


 指は動く。

 でも、皮膚が黒くなっていく。

 おかしい。こんな病気ない。気持ち悪い。


「お、げぇぇぇぇぇっ!!」


 胃液を吐いた。

 気持ち悪い。なんだこれ。なんで急に。何が起こってる。


『——————————キロ』

「え……?」


 何かが聞こえた。

 頭の中に、どす黒い何かが響く。


『——————————オキロ』


 オキロ?


『——————————オキロヨ、アイボウ』


 おきろよ、あいぼう?


『——————————ヤツガ、クルゼ』


 奴が……来るぜ?

 なんだこの声、なんだこれ、なんだこれ。


「……来る」


 わかる。

 何かが、来る。

 恐るべき何かが、来る。

 

 俺は、誰もいない地下牢で叫んだ。


「——————————ダメだ!!」


 ◇◇◇◇◇◇


 それは、とても美しい女性だった。

 聖母という言葉を体現したような美しさ、背中に生える12枚の翼、この世の物とは思えない装飾の法衣に、地上では絶対に採取できないであろう宝石を身に着けていた。


「お、おぉ……これが、祝福の聖母フリアエ、か」


 勇者レイジが、自ら召喚した祝福の女神を見て呟いた。

 女神は、地上の人間に向けて……勇者レイジに向けて言う。


『わが子らよ……』


 透き通るような、優しい声だった。

 レイジは、いや……すべての国民は自然と跪いていた。まるで呼吸のごとく、自然な動作だった。


「あ、あの! オレ……勇者です! その」

『大丈夫。全て知っていますよ』

「え……あ、あ、ありがとうございます!!」

『勇者レイジ、そしてその仲間たち……人間たちの守護者にして、我が《五星祝福アーク・ギフト》を宿し者たち。これからも人類の守護者として、大いなる祝福を』


 女神フリアエは翼を広げ、勇者レイジたちを祝福する。

 純白の輝きは周囲を照らし、圧倒的な神々しさがこの場にいる全員を圧倒した。

 これが、神。


「すごい……」

「ああ、すごい」

「美しい……」

「…………」


 リリカ、セエレ、アルシェ、アンジェラは感極まっていた。

 ギフトをくれた女神フリアエ。包み込むような優しさを感じていた。


「…………」


 一人、リンだけは……この状況を訝しんでいた。


 ◇◇◇◇◇◇


 リンは、勇者レイジの戴冠式に出席し、その後は旅の準備をしていた。

 一応、この国を救った勇者の1人だ。このファーレン王国に未練などないが、勇者レイジの仲間として、戴冠式くらいは出席しないと禍根が残る。


 リンは、この国の未来は暗いと考えている。

 お調子者にして魔刃王討伐で増長しているレイジに、国の運営などできるはずがないと思っていた。

 現に、レイジを国王として担ぎ上げた連中は、国の運営について貴族たちと話をしている。レイジという英雄を盾にして、レイジを操り人形とするつもりなのは見えていた。


 この国に見切りを付け、新天地を目指したほうがいい。それがリンが魔獣討伐をする一つの目的であった。

 ほかに、この国以外で召喚技術を持つ国があるかもしれない。そこで日本に帰る手段を探す……この世界にある程度は馴染んだが、やはり故郷は恋しい。

 

 それに、戦う力はある。

 祝福の女神がくれたギフトの1つ、《斬滅》という刀が。

 それに、仲間もできた。


「ライトさん……」


 彼には、申し訳なかったと思う。

 幼馴染の二人は、旅の初めはレイジのことをただの勇者としか見ていなかった。

 でも、時間が経つにつれ、心を開き、いつの間にか惚れていた。戦いに不慣れなリリカとセエレが、何度もレイジに助けられたこともあるからだろう。

 いつしか、ライトのことを忘れ、レイジのことばかり話すようになった。

 

「何度も言ったんだけどな……」


 リンは、何度かリリカとセエレに言った。

 幼馴染はどうするのか、幼馴染が好きではなかったのか。だが、返ってきた答えは。


「ライト……ごめんなさい。私、レイジが好き」

「ライト、あなたはあなたで幸せになってね」


 届かない言葉を呟き、幼馴染ライトの思いを断ち切った。

 それからは、レイジのために尽くすようになっていた。身も心も……。


「よし、準備完了。あとは……」


 旅の荷物をまとめ、リンは頷く。

 あとは、地下牢のライトを迎えに行き、そのまま国を出る。

 表向きは魔獣討伐だが、リンはこの国に戻るつもりはなかった。レイジが治める国など、興味はない。


 ライトを連れて行く理由は、一人では大変だから。仲間がいれば心強いというのに嘘はない。でも、哀れみもあった。

 この国で騎士をやるより、レイジやリリカたちがいない国で新しい出会いでもあれば、立ち直れるかもしれない。そういった考えもあった。

 

「旅かぁ……ラノベで言うと、冒険者かな。この世界にもギルドはあるみたいだし、ライトさんと一緒に冒険者登録でも……」


 そう思った瞬間だった。

 唐突に、外が明るくなった。


「……なに?」


 ここは、王城にあるリンの私室。

 窓を開け、外を見ると……純白の天使が、浮いていた。


「……まさか、あれが祝福の女神?」


 不思議と、見てるだけで幸福感が満ちていく。

 心臓が高鳴り、面白くもないのに顔がにやけてしまう。


「っ……なにこれ」


 妙な違和感を感じていた。

 まるで、ぬるま湯に浸かってるような……得体の知れない感じ。

 リンは窓を閉め、首を振る。


「女神?……なに、これ」


 ぞわっと、背筋が凍るような感覚がリンを襲う。

 そして、聞こえるはずのない声が聞こえた。






『……おや、一本足りませんね』






 次の瞬間、リンの背後に——————————。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます