アンダーアチーバー京介

作者 @sannasaki

6

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

20XX年、地球は勉強の炎に包まれた。
あらゆる高校生(ごくフツーの。お約束の青春している)は絶滅したかに見えた。しかし! ラノベは死に絶えてはいなかった!

 いきなり北斗の拳のナレーション(CV/千葉さん)のパクリですみません。でも、まさにそんな感じなのです、このお話は!
 港区一区がまるごとひとつの高校になってしまった、秋葉原が勉強オタクの聖地と化してしまった世界で、ラノベを取り戻すべく、アンダーアチーバー京介が大活躍する物語。ちなみにアンダーアチーバーとは、『知能水準から期待される力よりはるかに低い学業成績を示す者』のこと。

 かなりの長編なので尻込みする方もいるかもしれません。でも、ちょっと待ってください。とりあえずは目次にザザザーッと目を通してみませんか? もう、このタイトル群を読むだけで、ラノベファンのあなたの、あるいは活字大好き! なあなたの、アンテナがピクリと震えませんか? まずは興味をひかれたものをどれでも一話読んでみることを、私はおススメします。
 私ですか? 私は面白くてしょっちゅう笑いながら、あるいは「すげぇ」と作者さんにほとんど尊敬に近い感心を抱きながら読んでいますが、46話なんかどうでしょうか。真夜中だというのに、つい声を出して笑ってしまった。

 文武両道という言葉がありますが、@sannasakiさんは文理両道とも呼ぶべき方だと思います。超博識のうえ、筆力もすごい。この作品、もう私のなかではプロの作家さんが書いた以上の傑作であり快作なので、だからこそよりたくさんの方に読んでほしい!
 
「お願い、美鶏、読んでほしいのなのっ!」にょろーん!
(→ちょっと引いちゃったそこのあなた、32話 『私らしい語尾、なの、ですわ、にょろ』に目を通してくだされば♡)