第8話 水泳 前編

 夏になると、体育で水泳の授業が始まりますが、ここでも我が校の男女比に纏わる話があります。

 プールにはもちろん更衣室がついているのですが、この更衣室が男女共用でした。プールの更衣室が、男女共用でした!




 …………えーっと、さすがに色々まずいんじゃないかと思った方もいると思います。もちろん、それを狙って書いたのですけど。

 ですがご心配なく。更衣室は共用でも、水泳の授業は男女別に行われていました。つまり男子と女子が同時に更衣室を使う事はありません。どうせ男女別だから、更衣室を一つにして入れ替えで使えばいいと学校側が判断したようです。

 ごめんなさい、紛らわしい言い方をしてしまいましたm(_ _)m


 とは言え、いくら一緒に授業を受けないとは言え、それなりに厄介な事はありました。男子のすぐ後に女子が使う、もしくはその逆は何度もありましたから。


 男子がプールに向かう時は、大抵何人か連れだって行っていました。一人で行くのはなんとなく心細いです。そして更衣室前に立つと、全員に緊張が走ります。もし女子がいるにも関わらずドアを開けようものなら、どうなる事か((( ;゚Д゚)))


 まず、中から声がしないか確認します。もし声がしたら、中の人が出てくるまで黙って待ちます。中が静かだと、次にノックをします。これに何の反応も返ってこなかった時、ようやく入る事ができるのです。


 男子の授業が終わったら、みんな大急ぎで着替えます。早くしないと女子が入ってくるかもしれません。普段の体操着に着替える更衣室なら、例え女子が入ってきてもパンツ一枚になって着替えそうな人はたくさんいました。しかし流石に、プールとなるとそうはいきません。

 さっきも書いた通り、男子の場合必ず一度ノックをし、中に女子がいないのを確認してから入るようにしていました。しかし女子もそうとは限りません。何しろ男子トイレにだって平気で入って来るのですから。

 もちろん忘れ物など厳禁です。例え何を忘れたとしても、絶対に取りに戻るなんてできません。


 色々大変な更衣室事情でした。




 …………しかし、これらはまだマシな方だったのかもしれません。一応男女で時間帯が区切られているので、まだ色々と対応はしやすかったです。

 ですが水泳の授業には、補習と言うものがありました。指定した記録に届かなかった生徒が、決められた日の放課後再びプールに集められ、特別授業が行われます。そしてそれは、男女同時に行われました。


 そこではより一層大変になるのですが、それを書くのはまた次回にしておきましょうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます