商業高校の想い出がいっぱい

無月兄

第1話 商業高校の特徴

 商業高校。それは主に、経済、ビジネスなどの知識を習得することを目的とする高等学校。広義の意味では、「商業に関する学科」や「商業の課程」が設置されている高等学校。

 これは、かつて商業高校に通っていた筆者が、そこで見た事、感じた事、学んだ事を綴ったものである。



 ……なんて事を書いてみましたが、要は自分がただ高校生活の思い出を語りたいと言うだけです。

 カクヨム内でも見かけたんですよ、作者様の高校生活を描いたエッセイを。それが実におもしろくて、自分もやってみたいなんて単純に思ってやってみました。エッセイなんて書いたことが無いのに。





 と言うわけで、まずは自分の通っていた高校についてですが、上に書いているように商業高校です。母校の説明をする上で、まず真っ先に来るのがこれでしょう。とは言え商業高校と言う言葉だけでは、どういうものか全然ピンとこない方も多いかもしれません。


 例えばですけど、これが工業高校の場合、何となくのイメージってありませんか?専門の道具を使って溶接したり、研磨したり、家を建てたり。

 あるいは農業高校。畑を耕したり、牛や豚を育てたり、そんなイメージがありませんか?

 では果たして、商業高校にそこまでハッキリとしたイメージってあるでしょうか?他の専門課程の高校と比べて、何となく地味な印象はありませんか?

 いえ、決して全国の商業高校をディスっているわけでは無いんですよ。ですが社会に出て、商業高校出身だと人に話しても、今一つ何をやってきたのか伝わりにくいんですよね。ですから、そんな地味な商業高校の実態を、少しでも皆さんに伝えられたらと思っています。





 ではまず初めに、商業高校ではどんな事をするのか。さっそく挙げてみましょうか。


 〇机の上で、電卓をたたきます。

 〇机の上で、損益を計算します。

 〇机の上で、伝票を書き込みます。

 〇机の上で…………


 …………地味です。工業高校や農業高校と比べて、なんか地味です。そもそもやる事のほとんどが机の上の作業です。習う内容こそ違いますが、見た目が普通高校とそこまで大差ないです。他にパソコンを使い授業もありますが、それにしたって机の上の出来事です。


 いけない。これでは商業高校=地味と言うイメージを払拭できない。こうなったら、もう少しディープな商業高校ネタを挙げてみましょうか。


 〇『車両運搬具減価償却累計額』って書くのが大変。

 〇貸借対照表や損益計算書の貸方借方の合計金額が合った時の達成感。

 〇しーくりくりしー


( ´―`)フゥー……どうですか、この溢れ出る商業高校オーラ。これを書いていて、通っていた当時の記憶が鮮明に頭の中に浮かび上がってきましたよ。

 あっ、待って!ブラウザバックしないでΣ(゚Д゚)


 ごめんなさい。多分、意味が分からないって方も沢山いらっしゃいますよね。

 やってる事は地味だし、ディープな話題をやろうとすると読者様は置いてきぼりになるし、これは商業高校が悪いのか、はたまた自分の書き方が悪いのか(´ヘ`;)


 このままでは埒があきません。せっかく始めたエッセイも、このままでは第一話にして最終回になってしまいます。ですがまだ希望は残っていました。

 このエッセイの構想をしていた頃、たまたまかつての同級生と会う機会があったので、聞いてみたんです。


「商業の特徴って何だと思う?」


 すると友人は、迷うことなくこう答えました。


「女子が多い」


 なるほど、確かにうちの学校は女子が多かったです。8割以上が女子でした。どうやら他の商業高校でも、女子比率が高い所が多いようです。

 これも一つの商業高校の特徴なのでしょう。


「他には何かある?」

「女子が多い」


 はい、女子が多かったです。あれ?でもそれはさっき聞いたような?


「他には?普通高校にはない専門科目とかやったよね。電卓叩いたりとか」

「そんなもののどこが面白いんだ」


 ……どうやら友人にとって、商業高校の特徴と言えば一も二もなく女子が多かった事のようです。


 しかし彼がそう言うのも分かります。自分自身いざ思い出してみると、商業科目がどうこうと言う話よりも、男女比やそれに関するエピソードの方が沢山出てきます。

 ですがそれだけではありません。思い出話をしてみると、学校行事や日常の出来事にも、印象深かった話はいくつかありました。商業高校とあまり関係ないと言うのがほとんどですけど。


 と言うわけで、当初予定していた商業高校エッセイからは少々外れてしまいましたけど、それでも高校時代の思い出を、思いつく限り気ままに、不定期に書いていこうと思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます