アブストラクト・ストラトスフィア

一式鍵

闇に舞う空の女帝

 抽象世界の成層圏アブストラクト・ストラトスフィア――今や航空戦闘というのは抽象的だ。物理フィジック論理ロジックのぶつかり合い。どちらが負けても死ぬ。それが現代の航空戦闘だ。


 まして――アタシは邪念を払う。夜の海はひたすらに不気味だ。その不気味の中に、アタシの中のノイズを散らす。闇との和解。一時的な休戦協定。


 その一方で。


 アタシは負けるわけにはいかない。星々が貼り付けられた成層圏ストラトスフィアには、幾十もの敵の姿がある。見えない。レーダーにも映らない。だが、アタシにはる。がいる。待ち構えている。アタシを。


 アタシはヘルメットのバイザーを下ろし、機械的に言った。


「アドラステイアCIC、状況報告」

『CICより隊長、敵機、依然発見できず。本当にいるんですかい?』

「間違いない」


 今は歌姫セイレーンたちもいない。母艦アドラスティアの周辺海域五百キロには、漁船の一つもいやしない。そしてヤーグベルテ最強の飛行隊、エウロスを救援に来られる部隊などありはしない。支援が必要な状況に陥ったとしても、参謀部は救援を許可しないだろう。無駄な犠牲を出さないために。


 ナイトゴーントD型――アーシュオン最強の戦闘機。を搭載した恐るべき。ディーヴァを中心とした恐るべき戦闘端末アグレシヴノーズ。それが今、アタシに見えている敵の姿だ。


 あれを本土に近付けさせるわけにはいかない。だが、あれを邀撃ようげきできるのは……撃墜できるのは、今はただ一人。すなわちアタシだけだ。


『しかし隊長――』


 CICで指揮を執っているエリオット中佐が何か言おうとする。しかし言わせない。


「アタシ一人で十分だ」

『しかし!』

「どうせ奴らを撃ち抜けるのはアタシとこのだけだ」


 愛機エキドナ。ヤーグベルテ唯一の――。


 その時、アタシの頭の芯に何かが突き刺さった。目の奥が眩しい。


 時間がない。アタシは瞬時に判断した。


「カティ・メラルティン、出る!」


 戦艦空母アドラステイアから射出されたエキドナは、一挙勇躍してアタシをの待ち受ける成層圏ストラトスフィアへと運んでいく。


『隊長! 無茶だ! 本当にがいるのだとしたら……!』

をマリオンたちにぶつけるわけにはいかない。それにエウロスを目減りさせるのも得策ではない。そしての狙いは、このだ」

『死ぬつもりですか、隊長!』


 エリオット中佐、あんたは本当にいいヤツだ。以前もこんなことがあったっけな。


 アタシは少し笑ったかもしれない。


『今からでも第一艦隊と合流すれば……!』

「これはを減らす好機でもある!」


 神出鬼没なのために、幾人の歌姫たちが犠牲になったか。幾千人の海軍兵士が殺されたか。


「わざわざ奴らから出張でばってくれたんだ。歓迎するのがマナーだろ」

『無茶だ! 何機いるかもわからないでしょ! 隊長、撤退するべきです。ジギ1だってそう言ってる!』

「悪いな、命令だ。転進しろ。奴らとの和解はありえないだろ?」


 もう頃合ころあいだ。


 ノイズを一切合切排除した星空が、見える。レーダーは静かなものだ。これが数年前なら、アタシは気でも触れたかと言われているところだろうけど、の存在はアタシを逆に正気にさせている。のおかげで、アタシは正気だ。


 アーシュオンの歌姫たち。彼女らを倒さない限り、ヤーグベルテは滅ぶ。あの子たちが想い憂い守った母国ヤーグベルテ――ろくでもない国家であることは事実かもしれない。だが、それだけでアタシには守る理由になるんだ。


「哀しい思いは、もうたくさんだ」


 見えた。


 アタシは暗闇を見据える。が見える。アタシには見える。


 虚空に向かって、多弾頭ミサイルを盛大に放つ。


 数百もの弾頭が海に落ちる天の川に吸い込まれていく。


 アタシは舞う。エキドナが踊る。


 うんざりするほどのPPC粒子ビーム砲の火線をすり抜ける。被弾はナシ。機体ダメージもない。さすがはエキドナだ。


 空が炸裂する。夜闇が烈火爆炎に彩られる。アタシは舞い続ける。エキドナが光の矢を放つ。


 の先頭集団が吹き飛んだ。とせるのはアタシだけ。切り札たる歌姫たちにぶつけて良い相手ではない。はアタシが引き受けなければならない。


「なに、今に始まったことじゃないさ」


 CICからエリオット中佐が何か叫んでいたが、アタシは聞き流した。注意を逸らす余裕などなかった。


「ヴェーラ、ベッキー……アタシを守れ!」


 ここで死ぬ気か?


 そんなはずがあるか――!


 アタシはたとえが百機いたって負ける気はしていない。


 空の女帝――アタシは空を支配する。なんぴとにもこの空を侵させはしない。


 アタシのと寸分たがわぬ正確さで、エキドナの電磁投射砲レールガンが空域を薙ぎ払う。


「電力供給、遅い!」

『これでも全力ですよ、隊長!』


 論理観測方程式フォーミュラが途絶えがちだ。これでは大量に電力を消費する電磁投射砲レールガンは使いにくい。PPC粒子ビーム砲も然りだ。


 は夜に溶ける。レーダーでの観測はもちろん、視認することすら困難――いや、事実上不可能だ。だが、アタシには見えている。敵の動きが全て見えている。意識に先駆けて無意識が動く。まるで何者かに操られているかのように、


「二十四機」


 二十五機。


 二十六機。


 ――淡々と撃ち落としていく。


 アタシの身体はもう限界を訴えている。視界が仄赤い。加速度が容赦なくアタシを殴打する。だが、苦痛ではない。まだ生きている。それだけだ。


 これでアタシの生涯撃墜数が千機を超えた。初代暗黒空域を超えた。


「だが、まだ終われない」


 アタシは守ると決めた。この国を。歌姫セイレーンたちを。


 ていうかさ、アタシが死んだら誰があの子たちのお守りをするって言うんだい、ヴェーラ?


 ――だよね、カティ。わかってる。全部任せるよ、ユーハヴ、だよ。


 声が聞こえた。いつもだ。エキドナで戦っていると、いつもあの懐かしい声が聞こえてくる。幻聴かもしれない。だが、それでも良かった。これがアタシが戦闘機を、エキドナを降りない理由だ。まだ戦えるか、もう戦えないか。そんなことは些細な問題だった。ただ、アタシは声を聴きたい。それだけなんだ。


 アイハヴ――アタシは呟く。


 多弾頭ミサイルが網のように迫ってくる。ビームの閃戟せんげきも四方八方から襲い掛かってくる。暗い空を引き裂く赤い機体エキドナ母艦アドラステイアからはどう見えているのか。


「フッ……!」


 息を吐く。網の目をくぐる。反転して追いかけてくるミサイルたち。アタシは海へと加速する。脳の血流が止まる。目が痛む。だが、まだだ。まだこんなものじゃない。


 海面に激突する寸前で、アタシは急上昇を。両手は無意識に仮想キーボードを叩き、両足は思い切り突っ張られていた。エキドナの腹がいでいた海面を抉る。衝撃波が潮の柱を打ち上げる。アタシは肋骨の数本を犠牲にして、ミサイルとビームの群れをやり過ごした。


「あと十機!」


 意識しろ。意識しろ。意識しろ。見えないのではない、見ていないだけだ。


 はアタシたちの意識から姿を消す。はアタシたちの意識にを以て干渉してくるのだ。だから対抗できるのは――今ここには――アタシしかいない。


「舞え、エキドナ!」


 アタシは叫ぶ。がちんと歯が欠けた。もう慣れっこだ。電磁投射砲を投棄し、その重量差分で加速する。ベテルギウスが近付く。スピカが視界の端に消える。群れる敵機を劣化ウラン弾の雨で蹴散らした。


「……!」


 残り一機。


 ベテルギウスの真下に浮かぶそれは――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

アブストラクト・ストラトスフィア 一式鍵 @estzet

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ