白銀のヘカトンケイル

作者 北十五条東一丁目

135

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

あらすじにあるように、この物語の主人公は数々の理不尽にさらされます。
その度に物事に対する姿勢や行動が厳しく変化していくのですが、気をつけて読んでみると、物語序盤から既にその片鱗が顔をのぞかせているようです。
物語の進行とともに変わっていく主人公、変わらない主人公に着目して読んでいくと大変面白かったです。
その他、地理や社会情勢,登場人物の設定も細かにされていて、物語への没入感を助けてくれます。たくさんの人にお勧めしたい作品です。

★★★ Excellent!!!

主人公が各地を旅しながら力をつけ、先々で出会いと別れを繰り返しながら宿敵を追うというこの物語。まさに読みたかった冒険物で思わず時間を忘れて読みふけりました。
命かながら落ちのびた公女が剣(拳)を取る……というあらすじからもダーク感が漂い、内容もしっかりしていて読みごたえがあります。
出会いと別れ、主人公の葛藤や成長、徐々に明らかになる謎と、物語も面白い。
冒険者組合、魔術、魔物などが登場し、世界設定はWEB小説テンプレに近いため独自色や"ファンタジー感"は薄いですが、テンプレ要素を不自然なく落とし込んでいるので、地に足のついた作風に感じました。
今後の更新も楽しみです。
最後にバトルマニア少女主人公とても尊い。幸せになって欲しい。