幸せになるための条件

作者 日暮 絵留

「不思議」が「現実」に着地していく

  • ★★★ Excellent!!!

読書が趣味の浩一が出会った不思議な少女麻友との仲が進展する過程を描いた、と書くとラブストーリーのように聞こえますが、ちょっと一筋縄ではありません。

物語にはラブファンタジーのような、ラブサスペンスのような二重三重の仕掛けがなされています。

軽いタッチの明るい文体が持ち味の作者さんですが、かなり重厚なテーマに取り組まれています。

その持ち味を活かしながらも重いシーンも書ききっていて、最後のシーンの幸福感が一層引き立っています。読後にとても爽やかな印象が残ります。一気読みをオススメしたくなる作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

ゆうすけさんの他のおすすめレビュー 416