第62話 荒療治

【浩一】

         1

 人を好きになるということが怖かった。

 以前付き合っていた女性ひとに裏切られたことが原因だった。

 それは、麻友さんが過去に負った心の傷に比べればちっぽけなものかもしれない。

 だけど、怖いものは怖かった。

 だからずっと『黛麻友』のことも好きじゃないふりをしていた。

 そんな僕に、改めて彼女の大切さを教えてくれたのは、妹のゆうか(普段は「ゆか」と呼んでいる)だった。

 僕たちが今の関係になれたのは間違いなく彼女ゆかのお陰だ。

 もちろん感謝はしている。

 でも、いささか荒療治が過ぎたんじゃないかとも思う。

 だって、ゆかの考えた“あのこと”がきっかけで、僕は麻友さんに、告白どころか、のだから―――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます