第24話 疑惑

【由香子】

         1

 さすがのミズもイマジナリーフレンドについての有力な情報は持っていなかったらしい。

 でも職場の先輩が言っていたという防衛本能の話は興味深かった。


         2

 インターでの一件以来、浩一のお相手の女の子とニアミスが続くようになった。

 …さながら神の悪戯の如く。

 最初のうちは

「なんて間が悪いんだ、ウチはっ!」とか、

「なんで引き止めておいてくれないのよっ! 浩一の馬鹿っ! あほっ!」とか、

「コンビニなんかに寄らずに真っ直ぐ帰ってれば会えたかも知れないのにっ!」

 ―――といった感じで、むぎゃーってなってた。

 でもここまで何度も続くと、さすがに不自然にもほどがある…。


 まさか…本当に……?


 そんな風に思い始めていたある日のこと、

 ウチは決定的な場面を目撃することになる―――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます