第21話 一日の終わり

         3

 その後は二人でモール内をぶらついた。

 アパレルショップで明らかに似合わないサングラスをかけ、笑い合った。

 雑貨屋でファンシーなぬいぐるみを撫で回した。

 本屋で立ち読みしたり、CDショップで知らない洋楽を試聴したりした。

 駄菓子屋コーナーがあったので昔懐かしの駄菓子を大人買いして食べた。

 あっと言う間に夕方になり、そろそろ帰ろうということになった。

 帰りはモール内で発券されたレシートがあれば無料で利用できる送迎バスを使った。

 バスで駅まで戻り、二人で電車に乗った。

 車内は混雑していたけど、空いている席が一つだけあった。

 黛麻友に席を譲り、僕はその前のつり革につかまった。

 最寄りの駅で降りると、そこで解散となった。

 僕は駅から自宅までの道を一人で歩いた。

 歩きながら今日一日のことを思い返してみた。

 映画を見て、お昼ご飯を食べて、ショッピングモールをぶらついた。

 たったそれだけだ。

 大したことは何もしていないのに、驚くほどあっと言う間に一日が終わった。

 途中いくつか(主にゆかに関することで)はらはらする場面もあるにはあった。

 でもそれ以外は、終始、充実した気持ちに満たされていた。


 黛麻友は、ずっと、笑顔だった。

 たぶん、僕も、そうだった。


『今日は本当にありがとう。えへへ…』


 別れ際に黛麻友が言った言葉を思い出す。

 夕陽を背にした彼女の笑顔が頭から離れなかった―――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます