幸せになるための条件

日暮 絵留

第1話 プロローグ

       プロローグ

「にゃあ」

「………」

「にゃあ」

「…えっ、何?」

「だから、にゃあ。だってば」

「……えっと。聞こえてはいたんだ…。でもいきなり「にゃあ」とか言われても困ると言うか、何と言うか…」

「むむむ。おっかしいなぁ。君、今わたしのこと「猫ちゃんの化身」だと思ってたんじゃないの?」

 ―――確かに一瞬そう思った。

 そんな有り得ない馬鹿みたいなことを。

 でも、

「どうして、そう思ったって思うの?」

「だって、君、そういう顔してたもの。えへん☆」

 目の前にいるを猫の化身だと思ってる顔って…一体どんなだよ。て言うか、そのドヤ顔からの「えへん☆」はどうなんだ。

「あれれ? もしかして違った?」

「ち、違うに決まってるでしょ。当たり前だよ。君はどう見たって人間の女の子だもん。大体、猫が人の姿に化身するだなんて、そんなことあるわけないじゃないか」

 言いながらだんだん早口になってしまった。

 しかも、まるで自分自身に言い聞かせてるような言い方になっている気がする。

 例え一瞬だけでも、そう思ってしまったことが物凄く恥ずかしいことのように思えて…。

「ふーん。まっ、どっちでもいいや。あっ、わたし、麻友って言うの。まゆずみ麻友まゆ。えへん☆ 君のお名前は?」

「だからなんでドヤ顔なんだよ」と内心でツッコミを入れながら、僕は自分でも意外なほど自然に名乗っていた。

神崎かんざき浩一こういち

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます