第127話面と向かって語ってるのに

面と向かって語ってるのに

視線を合わせてみたけれど

分かり合えない訳じゃなくて

理解は楽に進むけれど

只話を聞いている

私の気持ちとあなたの心は噛み合わない

時として進む 環状同路に

手は繋げなくても 共に、認め合う友

それだけでいいと思う楽に


代わりをください

間違ってもバレないうちに

すげ替えてしまえるように

勇気をだします

善処します

屹度言い訳に過ぎない

はじめから躊躇しているのに

明日出来る保証は無い

誰だって嘘をつく

言わなければ はじめて 見えるみたいに

綺麗な心地のまま

蟠りはさらの上でも

腐らせるのは己のみ、未完


見えやしない内面なんか気にもかけず

みてくれだけを信じられれば

楽になれるのでしょうか

事の起こりすら片鱗すら生まれないうちに

既に足を踏み入れることを拒否している

何故に躓いたのだろう

底に何が落ちているのか

俯いてばかりいる

答えない問いを思い出し

終いの無い深淵に埋もれて馬鹿理。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます