第97話確固たる自分を確立す

確固たる自分を確立す

きりつ くくりではなく

自らを名乗る為の明


迷わぬように自らを

見つめられるように


暗がりで迷うその光は

命の焔

煽られ吹き晒しの世


永さも光もイロもかたちも

諸処有り得

ときに吹き消され溶け朽ち

閉じた瞼を憂う


想いだけで伝わる未来

記憶に残る誰かに渡す

道先と解く


よれた思考がひとすじに。


臭くて汚いらしい吐瀉

散々吐き散らすぶつ。

履き戻して膿の中酔い痴れる

香りを燦々、惹かれと思うて

腐ったあぶくは消えるだけ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます