第92話自分が詩って思ったら詩

自分が詩って思ったら詩


言葉は自由に心に描くもので

なんだっていいんだよ

どうとるのかも自由だ


自分の世界だからよ

Twitterなんか唯の暇人の吐瀉だろう


体裁を気にして

視野を括ったら詩は書けねえ


自由でいい

それがし


最近私書き散らしすぎじゃない?


だって、楽しいんだもん

責任もなにも何も追わなくて済む


みんなからのいいねを浴びて

私は間違っていないのだと

酔いしれたいだけなんでしょう


承認欲求は諾々と満たされますよ


ただ、それだけなんだけど

現実に何にも役に立たない


蜘蛛の糸になるんだよ

救いになって



なんでもいいから

空いた穴にでも

響けばいいんだ

意味なんてわかんなくていいんだ


あれだけで嬉しいから

これが一番でしょ


それが生きてる価値って思うんだ


私には見いだせない

彼方に私は生きるでしょ

どんな思いであれ、私が伝わった


重い想いを吐き出して掻き堕して

軽くなれるラクにゆける


ここにいてもいいんだと。

今に息を次ぐ


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます