第81話記憶も体も所詮器の見てくれ

記憶も体も所詮器の見てくれ

己の存在は自分で知っていても、その知るという行為自体が人との差を見つけているということで、嫌いとか羨ましいとか、結局欲に溺れ驕れる。気付かなければ良かったと思う消えてしまえと願う

なすがままに停滞 廃れてしまえ流動。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます