第42話時間さえ割けばどこまででもゆける

時間さえ割けばどこまででもゆける

その先は大荒れに覆われるけど。


進んでる気がする

止まりたいのに


自分で自分はわからない

ただただ憑かれいくばかりで


楽しいも苦しいも全てで

私を構成するようで


こうやって枯れていくのかしら

それとも、自分の中では満開の

小さな箱の中楽しって。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます