第29話道窓の空きもない

道窓の空きもない

年甲斐もない悩みなど

冬にここまで来たのだから

うだうだ言うな

高みの黄金は嗤うのでしょうか

今まで来た道のり違い互い

クロスすること素通りすること

何かの縁で絡まる時

こんにちはと手を叩く

この世界に傘はいらない

振り払え被ってしまえ

それができれば苦労はしないのに

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます