毒を食らわば皿まで系従者とJK主

作者 こふる

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界転移・主従モノの、雪解け恋愛ファンタジー。救国の巫女として異世界へ召喚された女子高生が、その地で出会った人々と心をかよわせつつ自分の役目を果たしてゆくという、異世界転移の王道ストーリーです。

主人公のルナは「裏切り」という傷を負っており、それは召喚先の国で関わる人々との関係にも、少なからず影響を及ぼしてしまいます。その傷は物語の要所ごとにルナの前に立ちふさがり、追い詰め、覚悟を問いかけ。やがては終盤のクライマックスへとつながっていきます。
右も左もわからず「巫女としての役割」に向き合うルナを支えるのが、謎の美少年テラ。熱狂的にルナを慕う彼が時折見せる二面性は、この物語のもう一つのアクセントでした。呪いと陰謀、誓いと愛情、そして恋心が絡み合い、最後まで飽きずに読ませてくれます。

厚めの文庫一冊ほどの15万字、完結済み。
可愛らしく個性強めなキャラたちが織りなす雪解けの物語、ぜひ楽しんでください。

★★★ Excellent!!!

友人とのトラブルから人間不信になってしまった女子高生のルナは、突然異世界転移に巻き込まれることに。
彼女は転移先の世界でも人を信じられず、与えられた役目から逃げ出してしまいます。
しかし、そんな彼女の前に現れたのが年下の少年テラ。彼はとあるきっかけからルナを「あるじ」と呼び、二人は主従関係を結びます。

頑なだったルナの心が一途なテラによって溶かされ、次第に明るく、前向きになってゆく様はまるで“雪解け”のよう。
そして一見不真面目で腹黒のテラはその実とても有能なデキル男で、「あるじLOVE」をぐいぐいアピール。
いつしか二人の距離も、縮まり始めます。

ギャグもシリアスもせつなさもラブもある贅沢な作品です。
あなたも春の訪れのように、温かな気持ちに包まれてみませんか。