第5話 沢山の妻達

 【沢山の妻たち】と聞いて嫌悪感を示す人がいるかもしれない。

 スライム界のドン・ファンなんて思う人がいるのかもしれない。

 しかし、私はそのようなスライムではない。


 女性には一途なのだ。

 不倫はおろか、浮気も一度もしたことがない。

 私は一途なのだ、妻だけを愛している。


 ただ、私と違い妻たちの寿命は短い。

 冒険者に殺されなかったとしても、私を置いて先立ってしまう。

 一人ぼっちになってしまう。

 寂しいのだ。

 寂しい時に女性と出会うと恋に落ちてしまう。


 人間もスライムも同じだ。

 しかし、何度も言うが私は一途なのだ。

 あの監督と同じだ。

 幾つになっても人を愛するのだ。

 いや、スライムを愛するのだ。


 妻が逝った後は12年間は喪に服する。

 けれど、長生きし過ぎた。

 1000年以上生きている気がする。


 何人もの女性を愛してしまった。


 スラ子、プル子、スララ、プルる、リンリン・・・


 ぷるみ、プルル、ランラン、プミ子、スラミ・・・


 フリン、プ~子、リンコ・・・・・


 ああ・・・忘れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます