第3話 弓矢

 弓矢・・・これがまた・・・痛い。

 ちょっと、LEVELが上がってくると簡単に死ねないので余計痛い。


 チク・チク・チク・チク・チク・・・


 チク・チク・チク・チク・チク・・・


 何本もの矢を体に突き立てられる私の身にもなってみろ。


 ああ、ストレスが溜まる。


 ああ、イライラする。


 ああ、やっと死ねた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます