ゼロ・ファイル 存在しない事件簿

作者 ハッシー

57

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

怪異という存在を扱いながらも大変リアリティのある作品です。
警察が主軸になっている作品なだけあり、しっかりとした重量感を感じられる内容に息を飲みます。設定やストーリー上、些か生々しく厳しい表現もありますが、しかし逆に言えばこの作品は怪異という非科学的な存在を扱いながらもファンタジー要素で登場人物達の生き様を濁さず、真っ直ぐに現実的な社会問題として怪異と見つめ合っている素晴らしい作品だと思います。個人的には第2章が強く心に残りました。生きるということも考えさせられる深いお話です。
武器の詳細やアクションシーンも細部まで考えられ、濃密な描写が好きな方は虜になるでしょうね。
私的に、男性の方や読みながら考えたい濃いお話を好む方は特に気に入られるだろう内容だと思います。怪奇SFアクションのジャンルですが、リアリティのある社会的な深みのあるお話が好きな方も魅力されるはずです。

★★★ Excellent!!!

警察の裏側を描きながら、異色の怪異を織り混ぜた新感覚な物語です。
一言いうのであれば、渋いし格好いい!
作り込まれた設定も魅力的ですが、なにより心から読者も渋くなれます(笑)

何故か?
だって格好いいですもん!

さて、私も煙草にコーヒー(ブラック飲めないのでM○Xコーヒーで(笑))を片手に外に出ようと思います!

★★★ Excellent!!!

渋い、かっこいいが詰まっている作品。
でもその中で、ドラマもある。
この作品のターゲットは男性と言っても過言ではないです。
男性はまずは読んでみるべき。

わたしは、正直最初読むのに刑事ものというところで躊躇しましたが、読んでみたら、テレビドラマを見ているかのような感覚にとらわれました。

現代ものと言えども、設定が細くて驚きます。
銃だけではなく、車の車種までいろいろ出てくるんです。
男性なら食いついて読んでしまうんじゃないでしょうか。

一つの事件が終わる一章の話が、短すぎず長すぎず、さくさく読めるのも魅力的。

まずは、第一章を読んで見て欲しい!話はそれから。

★★★ Excellent!!!

警察と怪異を組み合わせた現代アクションです。
私自身あまり刑事ドラマなどを見ませんが、設定が面白く苦もなくよむことが出来ました。そして何より登場人物達がカッコよく渋い!
思わず飲めもしないブラックコーヒーを買いたくなりました。
警察物やアクション好きだけでなく、大人の格好良さを楽しみたい方にオススメです。