詩苑 <現代詩>

作者 真田 奈衣

41

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

詩は、散文に比べてわずかな文字数に広大な世界がひろがっています。
一つの言葉をどう味わおうが、それは読者の自由。
逆に言えば、そこに「詩人と対峙する世界」が広がっています。

真田奈衣という詩人が紡ぎあげてみせた言葉の世界で、
泳ぐもよし。
溺れるもよし(笑)。

多彩な味わい方のできる詩+散文エッセイ集です。

★★★ Excellent!!!

僕が詩と聞くと胸がえぐられそうな思い出ばかりで落ち込んでいます。元々小説家が好きで、おそらく三年前から書いています。詩は数冊読んだくらいで、表現に意味あるのかなと疑問を持つくらいでした。(本当は詩は大好きです)短く世界を表現するこれくらいしか認識はありませんが、書いてみようかなと思える作品でした。ブーイングも飛びそうで怖いですが、詩の後の散文は詩に命を吹き込むような役割を果たしていると思います。何より丁寧でわかりやすい。僕も文芸部で下手な小説書いて馬鹿にされていました。あとバイオハザード4が個人的に好きです。関係ないですが、今はゲームも全くせず小説に時間を費やす日々です。これからの活躍に期待しています。

★★★ Excellent!!!

作者様の詩の世界に足を踏み入れた瞬間、ことばってこんなに美しいものなのか!と思いました。
日常を切り取った世界ですが、それぞれが美しく、大切で、感情に溢れたものなんだなと気付かされました。

最初は、その素晴らしさに圧倒されレビューの言葉が浮かばず、星だけ入れましたが、言葉にならないことを言葉にすればよいのだと思い直してこれを書いています。

皆さんも、美しいことばの世界はいかがですか?

★★★ Excellent!!!

感情のままに書かれた詩も素敵ですが、こちらは非常に理にかなった作品だと感じました!

説得力があるので、どの作品も「おお、なるほど!」と唸らされます。

詩の中にきちんとオチが用意され、無理なく誘導され、落ち着くところにストンと落ちる。

これらがなし得られるのは、作者様の感性が天才肌でいらっしゃるから、と勝手ながら思います。
少なくともわたしの好みです。

素晴らしい作品をありがとうございます。
これからも拝読に伺います。^-^