いっさん小牧の新人賞企画

作者 いっさん小牧

51

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


書き手が(もしかしたら)努力を評価される場所。

すごく大事で、でも余り多くない。

正直なことを言うと、公式の新人賞の規定文字数というのは書ききるのにすごく根気がいる。誰にでもできることじゃない。

書いている間、その努力を知るのは自分だけだ。
だから誰もが憧れて、少なくない人数が挫折する。


Web小説はそんな誰しもが憧れたたった一人のなにかになれるチャンスの場。


そして、それはこのような誰かが評価してくれる場があってこそ成り立つし、誰かに評価されたことが契機になる。


自分も一度、このような場で評価してもらい、やる気や続けるための勇気をもらった。
これはすごく意義のあることだ。





と、ここまで偉そうに書いたけど、言いたいことはただひとつ。

『いっさんさんファイト! 結果が楽しみです!!』