保育ルームのある職場

NHK朝ドラ『なつぞら』

マコさん(なっちゃんの先輩)が アニメ会社を興しました。

『子育て中の お母さんも 安心して働ける会社にするわ』

と話していたので、職場の様子を知りたかったのですが、今日の放送で、ちょっとだけ 見ることができました。


なるほど。

子どもの相手をするのは、仕事の手が空いたスタッフなんですね。

子どもは、親が働く姿を 見て育ちます。

親は、子どもの様子を見つつ、仕事ができます。

あまり大きくない職場なら、やれなくは ないかも。

けど、職種によりますよね。


会社内に 社員の子ども専用の保育園があります。

という会社があると、以前に聞いたことがあったので、検索してみました。

でも残念。(´・_・`) 見つかりませんでした。

なので、うろ覚えではありますが、記憶にある範囲です。


その会社の社員は、子連れで出勤します。

で、まずは保育ルームへ。

子どもは お父さん(お母さん)から、保育士さんに託されます。

それから お仕事スタート。

休憩時間などに、子どもの様子を 見に行きます。

本日の お仕事を終えると、子どもと いっしょに 帰宅します。


詳しく 知りたかったんだけど

(´・ω・`)? いまは やってないのかな?


・・・


おーちゃんが 小さな会社を 経営してます。

でね、女性事務員さんが、赤ちゃんを産みました。

その人は、通勤が、自家用車で 片道1時間以上かかる。地方の田舎では、遠距離通勤です。

保育園が 通勤コースから 外れていて、もっと遠距離通勤に なってしまい、

退職を決めました。

なるべく保育園ルートで、パートを探すそうです。


事務員さんの ダンナさんは、

かわいい、かわいいと、抱っこはするけど

『おい、泣いてるぞ。オムツが 濡れてないか?』

お世話する必要がある時は、口で言うだけ。

お世話は 妻がやるものだ。という人だったそうです。


事務員さん、いわく。

『本当に、現実というものは、

結婚してみないと、わからない。

赤ちゃんが 生まれてみないと、わからない』


その事務員さんは、平成生まれ。ダンナさんも、平成生まれ。

残念な現実ですが、

ここらへんの地域は、いまだに 、子育ては女が やるものだ。という考え方の人々が 多いのです。


余談になるけど、うちの両親は、性別で 家事や育児を 分けない夫婦ですから。

おーちゃんと結婚して、おーちゃんの両親と同居してたころは、

(o゚Д゚ノ)ノ あらびっくり! (`ε´ ) とんでもないわ!

という暮らしを たっぷり経験したものです。


・・・


というわけで。

おーちゃんが お仕事を がんばって、

もしも 土地を買って、会社を新しく建てるくらいに なれたら

保育ルームのある会社にできないかなあ。

と…… ひそかに 妄想しています。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます