第68話 ジェンダーの童話・児童文学

検討すべき課題も生じてしまったけど

童話・児童文学の企画では

(o^-^o) 売り出したら買いたい素晴らしい作品も参加されて、読ませていただけて幸せ。

カクヨムの作家さん素晴らしい!


ほんとはね、ファンタジーのジャンルでも

児童書を集めたいのです。

ハリポタやナルニアなど、素晴らしい児童書がありますもんね。

参加の呼びかけを どのようにしたらよいか、考え中です。


あと、じつは、ジェンダーの児童書も、探しています。

子どもに読まれるための本。


世の中は、真実に蓋をして、タブー視されてきた歴史があるから、古典童話には 無いと思う。

企画も、たぶん無理。

子どもに読まれるための作品とは、違う作品が 参加されちゃう可能性があるから。

でもね。調べてみたら

ジェンダーの児童書は、1960年代から、

必要ですよと、声をあげている人たちがいるそうです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます