第65話 自主企画の試み

作ってみました。自主企画。

題して、童話・児童文学の部屋。

https://kakuyomu.jp/user_events/1177354054890934429

募集する作品の条件を、ちゃんと確認して参加されることを願いつつ……。


過去にも、別サイトにて、こういう本棚を企画したことがありました。

(`;ω;´)そちらでは、うまくいきませんでした。


中学生の女の子、はじめて書いた猫の童話。

一生懸命、心を込めて書かれていて、今でも心に残ってます。


だけど……条件も何も確認されてないものが、でーん! と。

これは『◯◯コンクール受賞作品です』と。

私は、書籍化された作品もあり、現在発売中です(作品リンク)。

(o゚Д゚ノ)ノ 企画の意味が なくなりました。


それ以後は、作品宣伝の場となり、参加作品のジャンルは様々。

(・・;) 童話? 児童文学? どこにありますか?

という事態……。


(´・ω・`) 受賞歴あり、発売本もあるなら、

人としても、プロを目指す作家としても、

手本を示してほしかったです。


・・・


思ったんだ(^_^ゞ

胸を手術して入院してたころ。

(´・ω・`) 本屋さんに行けませんでした。


でも、自主企画がある小説サイトなら、

本屋さんに行って、読みたい本を探すのと

同じことができるでしょ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます