第54話 自然の音を聴く文化

虫の音が美しい季節になりました。


自然の中には さまざまな音色があります。

蝉時雨。鳥のさえずり。川のせせらぎ。雨の音。波の音。風の音。木々のざわめき。


それがね(´・_・`)自然の音が聴こえるのは、

日本人と ポリネシア人だけ らしいのです。

研究された方の報告によると、

日本語を使うか、使わないか、

という、脳の使い方の 習慣の違いによるらしいです。

(ポリネシア語も、日本語と同じ特長があるのでしょうね)


その研究をするきっかけとなったエピソード。

ある外国人の方に、その時うるさいくらいに響いていた虫の音を話題にしたさい

その外国人の方は『なにも聴こえませんが……』と、不思議そうに首を傾げたそうな。


研究していくと、

自然の音が聴こえません、という人々には、

自然音をシャットアウトする習慣が 備わっているとか。


(o゚Д゚ノ)ノ 驚きましたあ。

(´・д・`) 同じ地球に住んでいても、世界中の人々が 相互理解し合うことが難しいわけは、

こんなところにあるのかな?


だけど、著名な音楽家で 自然の音を表現された方々には、外国人の方が大勢いらっしゃいます。

日本語やポリネシア語を使う習慣が無くても、聴こえる人たちは いるんですよね。


・・・


ちょっと思った。


動物の気持ちが わかる人。

死んだ人の気持ちが聞こえる人。

霊が 見える人。

いますよね。

あるがままの自然を

シャットアウトしてないから、

聞こえるし、見えるんだと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます