第48話 自作品のキャラを叩かれるケース

読み専をしている別サイトにて。

自作品のキャラを叩かれると 凹みます。

との つぶやきを見かけました。


そのサイトは、フォローしてる作家さんたちの つぶやきが、リアルタイムに流れていくのです。

いろんな作家さんの、いろんな つぶやきを 拝見しています。


その つぶやきを拝見して、なるほどなぁ。って感じました。

その作品、私は夢中になって読み、主人公や仲間たちを、夢中になって 応援していました。

個性の強い主人公。個性の強い仲間たち。だからこそ魅力ある。


でも、作者が愛する人物を、読者も愛してくれるか? というと、そうではないことも あるんですね……。


自分の作品について 考えてみました。


最近 掲載完了した 昭和時代の物語。

主人公の つぐみ。

幼いころから、おままごとや 人形遊びよりも、カブトムシを 飼うことが好き。

中学時代には、機械の設計が将来の夢。

高校の制服は、男子用の学生服を着ることも、抵抗感がありません。

全然 女の子らしくないのです。


こんな女の子は キライですよ!

という方は、きっと いらっしゃる。と 思いました。


・・・


件の つぶやきに、コメントしました。


『(作品名)』、私は、大ファンのひとりです。大好きな作品。大好きな作品。大好きな作品。

(o^-^o) 大勢のファンが、応援していますよ。



作家さんの心に、伝わりますように。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます